ここから本文です

東海大の新星・飯澤千翔。トラックに続き 駅伝でも衝撃の走りを見せるか

8/26(月) 6:57配信

webスポルティーバ

東海大・駅伝戦記 第59回

前回の記事はこちら>>

 東海大の選抜メンバーはいま、アメリカのフラッグスタッフで合宿中である。全日本インカレと秋からの駅伝シーズンに備えて、ハードな練習をこなしている。

大物・塩澤稀夕がフォアフット走法で復活。東海大の黄金世代を刺激する

 4月から7月までのトラックシーズン、なかなか調子の上がらなかった選手がいる一方で、安定した走りでしっかりと結果を残した選手もいた。

 阪口竜平(4年)は、関東インカレ、日本選手権の3000mSC(障害)で優勝を飾るなど、圧巻の走りを見せた。そして、もうひとりトラックシーズンで大活躍したのが、ルーキーイヤーながら関東インカレの1500mを制するなど衝撃のデビューを飾った飯澤千翔(いいざわ・かずと/1年)だ。

 飯澤は、4月上旬の東海大・日本大対抗戦1500mに出場し、いきなり3分45秒64の自己ベストを叩き出し、エースの館澤亨次(4年)を抑えて優勝した。続く5月のゴールデンゲームズ in のべおかでも3分42秒07とまたしても自己ベストを更新し、館澤に勝利。さらに関東インカレでは、3連覇を狙う館澤がラストスパートで得意の逃げ切りを計ったが、最後は胸の差で飯澤が制し、初優勝を果たしたのだ。

 そして、6月の日本選手権では予選を2位で通過。決勝では、館澤の3連覇を阻止して「優勝するのは飯澤だろう」という声が圧倒的だった。しかし、決勝は実業団選手のラストスパートについていけず、12位に終わった。レース後、勝てなかった悔しさと自分への怒りをぶちまけながら待機所に引き上げていく姿が印象的だった。

 両角速(もろずみ・はやし)監督は、そういう飯澤の姿に可能性を感じている。

「自分が失敗して、周囲に気を遣って申し訳ないとか、そういう優等生みたいな感じじゃないですよね。闘争心のある選手は面白い結果を出す。魅力ある選手です」

 阪口も「飯澤はいい」と太鼓判を押す。

「1500mで結果を出しているし、5000mでも鬼塚(翔太/4年)と一緒に走って、1200mまではガンガンレースを引っ張っている。そういう積極的な選手は伸びます」

 1年生ながらここまで結果を残し注目を浴びたのは、黄金世代の鬼塚、關颯人以来だろう。

1/4ページ

最終更新:8/26(月) 6:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事