ここから本文です

ゲンク伊東純也、3つ目のアシストで 調子上向き。地元メディアも称賛

8/26(月) 16:57配信

webスポルティーバ

8月23日、ゲンクがアンデルレヒトに1-0で勝った後、ミックスゾーンでベルギー人記者が「アンデルレヒトは君のことを、なかなかストップすることができなかったね」と尋ねると、伊東純也は少しいたずらっぽく「そうです」と言った。

【写真】首位FC東京に求められる「第三の男」

 伊東がボールを持つと、アンデルレヒトは間髪入れずに間合いを詰め、早くも2分には若手CBフィリップ・サンドラーが伊東に体当たりを食らわせた。この時、伊東は腰をかなり痛めてしまったが、それでも試合の経過とともに徐々に調子を上げていった。

 0-0で迎えた55分、伊東は抜群のポストプレーから値千金のアシストを記録する。センターFWのムブワナ・アリ・サマタが中盤に降りてペナルティエリア右側に蹴った浮き玉のパスを、MFブライアン・ヘイネンがヘッドで落とす。これを、中央で伊東がサンドラーを背負いながら巧みにトラップし、走り込んできたサマタにパス。最後はサマタが蹴り込んで、ゲンクが試合の均衡を破った。

「ボールを受けてシュートを打とうとしたんですが、アリ(サマタ)の声がめちゃくちゃ聞こえたので、シンプルに落としました。自分はともかく中に走って、大外に誰か(ヘイネン)が走って(相手を崩した)、いい形だったと思います」

 これで伊東のアシストは、今季5試合で3つ目だ。68分にはハーフウェーライン手前から3人を抜き、敵陣深くまでドリブルで突破するビッグプレーもあった。直後のクロスはMFヴァンサン・コンパニにクリアされてしまったが、60メートルの距離を一気に進む爆発力・推進力には迫力があった。

 スポーツ・ウェブサイト『スポルツァ』が選ぶマン・オブ・ザ・マッチは、決勝ゴールを決めたサマタ。だが、地元紙『ヘット・べラング・ファン・リンブルフ』は伊東を選んだ。

「(ゲンクの)プレーの質は上がってきていますし、個人としてもよくなってきていると思っています」と、チームも本人も調子が上向きであることを認めた。昨季のベルギー王者ゲンクは、これでようやく3勝2敗と白星が先行した。

1/3ページ

最終更新:8/26(月) 16:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事