ここから本文です

ボローニャDF冨安、セリエAデビューに現地紙“最高評価”「クリーンで、明快で、熱心」

8/27(火) 8:40配信

Football ZONE web

セリエA開幕戦ヴェローナ戦でフル出場、イタリア各紙が冨安を称賛

 今夏、セリエAのボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋は、現地時間25日のリーグ開幕戦、敵地でのエラス・ヴェローナ戦でフル出場してリーグ戦デビューを飾った。試合は1-1の引き分けに終わったが、冨安はイタリアメディアから高い評価を受けており、「クリーンで、明快で、熱心」と絶賛している。

【動画】日本代表DF冨安健洋がセリエAデビュー! 力強い守備から華麗パスで存在感

 日本人DFは上々のデビューを飾った。背番号14の冨安は右サイドバックで出場。試合は前半13分、FWリカルド・オルソリーニが抜け出し、エリア内でヴェローナMFパベル・ダヴィドビッチに倒された。ボローニャはPKを獲得し、ダヴィドビッチは退場。このPKをFW二コラ・サンソーネが決め、ボローニャは先制点を奪ったうえ、相手10人と数的優位に立った。

 ところが前半37分、ボローニャは自陣エリア前でFKを献上。相手DFミゲル・ヴェローゾに鮮やかな左足のシュートを決められ、最終的に1-1のドローに終わった。

 勝ち点3を逃した形のボローニャだが、評価を高めた1人が冨安だ。堅実な守備に加え、積極的に攻撃参加。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は採点6.5と高い評価を与え、「アグレッシブ。クリーンで、明快で、熱心でもある。心地良い新しさ」と称えた一方、同紙「コリエレ・デラ・セーラ」も単独トップの採点7としている。

 上々のリーグデビューを飾った冨安は現地メディアに好印象を与えたようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/14(木) 11:55
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事