ここから本文です

王者マルケスと真っ向勝負! 0.013秒差でねじ伏せたリンスが2勝目

8/27(火) 16:37配信

webスポルティーバ

最終ラップ最終コーナーで乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負を仕掛けたアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)を0.013秒差で制し、今シーズン2勝目を挙げた。

【写真】レッドブル・ホンダの記念すべき勝利

 MotoGP第12戦・イギリスGPの舞台シルバーストン・サーキットは、高速コーナーや左右に切り返す区間が多く、1周あたりの平均速度はシーズン屈指の高速コースだ。取り回しのよさを武器とするスズキGSX-RRにとっては、長所を存分に活かしやすいレイアウトと言っていい。

 しかし、今回の週末を通じて抜きんでた速さを発揮していたのは、ディフェンディングチャンピオンで今季もタイトル争いを独走するマルケスと、ヤマハ陣営のスーパールーキー、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)の両名だった。

 クアルタラロは、金曜午前のフリープラクティス(FP)1回目と午後のFP2、そして土曜午前のFP3すべてでトップタイムを記録。マルケスは土曜午後のFP4で高度に安定したレースペースを見せ、さらに午後の予選では圧倒的に速いタイムアタックでポールポジションを獲得していた。

 一方のリンスは、土曜午前のFP3までに少しずつ前進を見せてきたものの、予選は遅い選手たちで行なうQ1に組み込まれていた。しかし、そこで上位タイムをマークしてQ2に勝ち上がり、そのQ2でも着実に仕上がってきた速さを見せながら5番手タイム。決勝は2列目スタートとなった。

 土曜午後のこの段階では、リンスは優勝候補とまでは見なされていなかったのではないか。というのも、この日のリンスの走行後囲み取材で、彼の母国スペイン人ジャーナリスト以外に質疑応答に加わったのは、意外にも私ひとりだけだったからだ。

「フロントローを取れなかったのは残念だけど、ペースはコンスタントで安定しているし、FP4でもユーズドタイヤで調子よく走れた」と述べるリンスに、全コース中でどこかロスをしている区間があるのかどうかを訊ねてみた。

1/3ページ

最終更新:8/27(火) 16:37
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事