ここから本文です

松山英樹は「長い間探していた ものが見つかった」。来季へ明るい締め

8/27(火) 16:57配信

webスポルティーバ

PGAツアー2018-2019年シーズンの最終戦となるツアー選手権(8月22日~25日)が、ジョージア州のイーストレイクGCで行なわれた。プレーオフシリーズ(全3戦)の最終戦でもある同大会には、フェデックスカップのポイントランキング上位30名が参戦。今季ツアーを彩った世界のトッププレーヤーたちが、年間王者の座を目指してしのぎを削った。

【写真】今季復調ムードにある美女ゴルファー

 プレーオフ第2戦のBMW選手権で、今季の自身最高位となる3位でフィニッシュした松山英樹も6年連続で出場。今年からハンディキャップ戦(※)が導入され、前週を終えた時点でポイントランキング15位まで浮上した松山は、トップと7打差の3アンダー、11位タイでスタートした。※フェデックスカップポイントランキングに応じたストロークのハンディキャップを設定。1位が10アンダー、2位が8アンダー、3位が7アンダー、4位が6アンダー、5位が5アンダー、6~10位が4アンダー......26~30位がイーブンパーでスタート。

 初日「66」と好発進したが、2日目には「75」と崩れた松山。落雷によって一部順延となった第3ラウンドでは再び「66」と伸ばしたが、第3ラウンドの残りをこなしたあとに行なわれたファイナルラウンドは「71」にとどまって、通算5アンダー、9位タイでシーズンを終えた。

「(最終日は)長い一日でした。最後の最後に、こんなに長くならなくてもいいですよね(苦笑)。(第3ラウンドの残りは)よかったと思います。(最終ラウンドも)そのままの流れでやりたかったですけど、なかなかうまくいかなかったですね。

 ティーショットが、右に左にと暴れてしまっては......。ラフからのショットを毎回やらされたらきつい。それに加えて、パッティングも、よかったものが徐々に悪くなって、踏ん張れなかったという感じです。

(ショットに関しては)右を嫌がって、自分が小手先で無理やり左に持っていったりして、そういう『右が嫌だ』という感情が出た瞬間に、左へのミスが多くなっていました。『小手先でやらない』と決めた時にはいいショット、ほぼほぼ完璧なショットを打てていたんですけど......。

1/3ページ

最終更新:8/27(火) 16:57
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事