ここから本文です

皇后雅子さま「外交」デビューの舞台裏/友納尚子――文藝春秋特選記事【全文公開】

8/27(火) 5:30配信 有料

文春オンライン

(c)JMPA

「令和」となって、2カ月が過ぎた。

 天皇皇后両陛下のご公務も本格的に始動し、皇后雅子さまが療養中であることを忘れてしまいそうになるほどご活動は広がっている。

 即位前から令和初の国賓として注目されていたドナルド・トランプ米大統領夫妻の来日は、即位の約1カ月後だった。この大きなイベントのホスト役を無事にお務めになるため、皇后雅子さまは万全の準備をされていた。

 例えば、メラニア夫人が東欧スロベニア出身で、両親ともども米国市民になったことを確認され、米国とスロベニアの歴史書を改めて紐解かれたといわれる。「新たに知識を得るチャンスをいただいた」と周囲に語り、前向きなご様子で準備をされていたと宮内庁関係者は明かす。

 5月27日、皇居・宮殿「竹の間」で行われた会見で、皇后はオフホワイトのスーツ姿で通訳を介さずにメラニア夫人と会話をされた。陛下とトランプ氏が会話をしている横で、子どもの教育などについて母親同士ということで話も合い、15分間語り合ったという。 本文:8,249文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

友納 尚子/文藝春秋 2019年8月号

最終更新:8/27(火) 5:30
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る