ここから本文です

VRのアヴァターは、ここまで「本物そっくり」に進化した:フェイスブックが開発する“未来の技術”の最前線

8/28(水) 18:12配信

WIRED.jp

目の前に現れたVRのアヴァターは、現実にいる人間と表情も仕草も完璧にシンクロするクローンのようにリアルな“人間”そのものだった──。VRの新たな次元を切り拓く可能性のある技術の開発が、いまフェイスブックのラボで進められている。人間をスキャンしてつくられる高精度なアヴァターは、いかに生成されるのか。いったいどんな技術が使われているのか。開発現場で目撃したのは、これまでに体験したこともないような「未来」の片鱗だった。

見た目に加えて声も動きもそっくり


「ドアのところに大きくて醜いやつがいるの」と、その若い女性が目を輝かせながら独白する。

「彼はこう言ったのよ。『自分を何さまだと思ってるんだ、レナ・ホーン?』ってね。だから人違いだって言い返して、でもミス・ホーンのことなら自分の姉妹のようによく知っているのよ、と答えたの」──。

これはウォルトン・ジョーンズの音楽劇『The 1940’s Radio Hour』の短い独演パートの出だしである。この音楽劇は1979年にブロードウェイで上演された。

独り語りを続ける彼女は、どう見ても自分が何をしているのかを理解しているようだった。せりふで言及したドアマンの口調が変わっていった様子を語りながら、さらに彼女の笑顔は増していく。

まるでジョークを話しているように的確な言葉を選び、抑揚をつけて話す口元には笑みが浮かんでいた。暗い背景もあいまって、まるで79年に上演された音楽劇が、ブラックボックス(黒い壁に囲まれた劇場)で再演されているような錯覚に陥る。

ただし、ひとつだけ“問題”があった。彼女には首から下がないのだ。

従来型アヴァターの制約

ここでヤーセル・シェイフが手を伸ばすと、動画は停止した。映っていた女性は、驚くほど実物そっくりの仮想現実(VR)のアヴァターだったのだ。そして彼女のパフォーマンスは、事前に収集されたデータをもとに生成されたものだったのである。

フェイスブック・リアリティ・ラボ(FRL)のピッツバーグ拠点を率いるシェイフは、さらに驚くような動画を用意していた。

その動画には先ほどの女性が、もうひとりの男性とともにVRヘッドセットをつけて登場する。ヘッドセットをつけたふたりの右側には、それぞれのアヴァターが表示されていて、本物と寸分たがわずシンクロしながら動いている。2人が交わしている会話は面白みのないものだった(ホットヨガの話をしている)。しかし、この動画が見せているのは、これまでになかったような「未来」の片鱗でもあった。

人々はもう何年も前からVRの世界において、コンピューターが生成したアヴァターを介してコミュニケーションをとってきた。VRのヘッドセットとハンドコントローラーは人の動きに追随するので、頭や手の動きがVRでの会話においても再現される。だからこそ、無意識のクセや仕草がリアルな印象を生むのだ。ヴァーチャルなやりとりは自然になってきたとはいえ、技術的な制約ゆえ見た目のシンプルさはどうしても否めない。

「Rec Room」や「AltspaceVR」といったソーシャルVRアプリでは、人間はキャラクターなどに抽象化されてしまうので、その表情が本当の顔の動きを表現してくれることは(仮にあったとしても)ほとんどない。フェイスブックのVRアプリ「Facebook Spaces」も、ユーザーが投稿した写真をもとに実物とかなり似たアニメのアヴァターを生成できるものの、特定の表情を示すにはコントローラーのボタンやスティックを使わなければならない。

「High Fidelity」など、より高度な技術が必要なプラットフォームでは、自分自身をスキャンした3Dモデルをインポートできる。とはいえ、自分自身であると感じられるレヴェルのアヴァターの生成には、ほど遠い。

1/2ページ

最終更新:8/28(水) 18:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事