ここから本文です

独自の色を持つプレミア昇格組の三者三様【サッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

8/28(水) 22:08配信 有料

SOCCER DIGEST Web

負債が膨らんで税金も滞納その窮地を救ったのが…

4年ぶりに返り咲いた古豪ビラの注目選手は、このグレイリッシュ(右)。ユース出身の生え抜きで、ナンバー10を背負うアイコンだ。(C) Getty Images

 救世主が現われて復活を遂げた古豪ビラに、新進気鋭の監督とSDが舵を取る、若さ弾けるカナリーズ。そして英国系選手を揃えたドメスティックなシェフィールド・U。三者三様の魅力に溢れた昇格3チームに迫る―。(文:オリバー・ケイ/訳:井川洋一 2019年8月19日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 アストン・ビラがプレミアリーグに戻ってきた。2015―2016シーズン以来だから4年ぶりだ。違和感がある。たった4年ぶりなのか、と。アストン・ビラの不在はもっと長かった気がするのだ。実際、2016年に降格するその数年前から、弱体化は始まっていた。

 アストン・ビラはイングランドを代表する偉大なクラブのひとつだ。1888年に組織された世界最古の国内リーグ戦、「フットボール・リーグ」の栄えあるファウンダーメンバー( 本文:4,986文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:8/28(水) 22:08
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

もっと見る