ここから本文です

シーズン2制作決定! 『全裸監督』山田孝之×森田望智×内田英治×武正晴、"カラダ、張ってます"座談会

8/28(水) 11:50配信

週プレNEWS

伝説の監督・村西とおるの破天荒な生きざまが、ドラマになった。Netflixがこの8月8日に世界190ヵ国に向けて同時配信した『全裸監督』(全8話)だ。シーズン1の反響を受け、16日には早くもシーズン2の制作が発表された。

【ドラマシーン】村西とおる化した山田孝之

村西とおるを演じるのは山田孝之、後に村西の運命を変える女優「黒木香」として一世を風靡(ふうび)する大学生の恵美役は森田望智(みさと)が熱演。そのほか多くの豪華キャストの熱演を、綿密な時代考証にもとづくこだわりまくりな80年代の小道具・セットがひきたてる。

今回、本作のキーマンである4人、山田孝之、森田望智、内田英治(監督・脚本)、武正晴(総監督)が集まり、意気込みから裏話まで語りつくした!

■村西とおるの「ね」のタイミング
──まず『全裸監督』への出演を決めるに至った経緯をお聞かせください。

山田孝之(以下、山田) 最初に話があったのは2年半前です。『全裸監督 村西とおる伝』(原作本・本橋信宏著、太田出版)を基にしたドラマで、Netflixから「山田さんに村西とおるをやってもらいたいんですが」っていう感じで。

もう、本の帯(*)見て決めました。「あ、絶対面白くなるな」と。

(*)【前科7犯。借金50億。米国司法当局から懲役370年求刑。奇跡の男か、稀代の大ボラ吹きか。"AVの帝王"と呼ばれた裸の男の半生。】現在はドラマ化に合わせて違う帯になっている。

内田英治(以下、内田) 山田くんは、会議とかも率先して出てたよね。一発目の脚本の打ち合わせも。

山田 打ち合わせの場所が家から近かったので、よくひとりで行ってました(笑)。

──村西とおるという異色の人物を演じるのは、これまでの山田さんのパブリックイメージからすると非常にチャレンジングに思えるのですが、抵抗はありませんでしたか? 好感度が下がるんじゃないかとか......。

山田 こんな面白い作品に出て、嫌われるならばそれでもいいと思いました。

内田 いいですねー! 現場で心配になって聞いちゃいましたもん。「大丈夫?」って(笑)。

1/5ページ

最終更新:8/28(水) 11:50
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.39-40
9月14日(土)発売

特別価格500円

原発は津波の前に壊れていた/急増確実!「
店外食い」の作法/堂本光一、13年ぶりの
ホンダF1優勝記念対談【グラビア】安達祐
実/小池美波/高崎かなみ/伊藤美来 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事