ここから本文です

30歳から始める肌活!|神山まりあのファッションルール

8/29(木) 6:05配信

幻冬舎plus

神山まりあ (モデル)

忘れもしない30歳の冬。
肌に年齢を感じた瞬間です。

日焼け大好き・肌は自然体が一番だと信じていて、ろくに化粧水もせずメイクもちゃんと落としていない20代。それでも若さだったのか、肌の大きなトラブルに悩むことはあまりありませんでした。
ウォータープルーフのマスカラをつけていても、なんとかこすって石鹸で落とそうとする。なんなら爪で引っ張ってマスカラを落とそうとしたことだってある。
今考えると鳥肌が立つくらい恐ろしいほど肌に無頓着でした。 

30歳になった年の12月のことです。
今まで絶好調だったはずの肌がなんだか調子が悪い。
同じところに何度も繰り返しニキビができたり、毛穴が赤くなったり、お化粧ノリが悪かったり黒ずんだり。もうニキビと言うことはできないか、そう、吹き出物で毎日悩まされていました。

仕事の時はメイクさんがコンシーラーで吹き出物を一生懸命消してくれている。その様子を見て申し訳なさと切なさに襲われるんです。
そして心に決めました。

私、肌活をする、と!!!!

部活でも朝活でもパパ活でもなんでもない、肌活。
30年間ともに育ってきた肌を根こそぎ綺麗にしてあげるのが、ここから先もずっと一緒に付き合っていく上での礼儀であるにちがいない!
お肌の曲がり角を感じたら、そこがポイント地点。肌活開始の合図です。

まずは洗顔から変えてみる。

メイク落としで、すべてのメイクを毎晩必ず落とすことはもちろん、自分にあったピーリング剤が入っている石鹸で週に二回泡パックをします。
ピーリングをこまめにすることで、肌についた汚れや角質が取れて、質感がもっちり・そして吹き出物ができにくい肌へと早変わり!
私が全力でオススメするのはこちら、スキンピールバーのブラック。

 


 

化粧水・美容液・クリームを選ぶ。

世の中に溢れている情報の中から、たった一つ自分にあったものを探すってとても大変ですよね。
まずは肌がきれいな友人、憧れの人に「何の化粧水使ってる?」と聞いてみましょう。
それが一番リアルで、いいのよ。
私も韓国に旅行に行くたびに肌のきれいな素敵な人を見つけては、「化粧水何使ってるの?」と身振り手振りで聞いています。案外、喜んで教えてくれるんです。肌を褒められるって嬉しいものね。
私がみなさんにオススメするファースト化粧水ラインはエンビロン、SK-II、アドライズかな。

1/2ページ

最終更新:8/29(木) 6:05
幻冬舎plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事