ここから本文です

「汚デスク」を解消 書類や筆記具の快適収納グッズ

8/30(金) 17:12配信

NIKKEI STYLE

書類が高く積み上がり、筆記用具はあちこちに散乱。どこに何があるのか分からない職場の「汚デスク」。「片付けられない!」と諦める前に、収納・整理に特化した文房具を使うのも手だ。

デスクの上が書類で埋もれているのなら、「カウネット Katazuk 書類トレー」(カウネット・コクヨ)が役立つ。デスクの上にスペースが無くても、マグネットでスチールデスクの下に簡易書類トレーを設置できる逸品。受け取った書類は取りあえずここに入れ、帰宅前など毎日決めた時間に整理する、というのもいいだろう。処理しなければいけない請求書などの一時保管に最適なスペースを作れるのも便利だ。デスク脇にも装着できるので、収納力不足の解消に貢献するはずだ。

分類できるクリアホルダーも併せて使えば、「整理力」はさらにパワーアップ。5つのポケットを装備した「5ポケットクリアホルダー」(デザインフィル)なら、資料の仕分けも簡単だ。ストライプのデザインに沿って、収納スペースが手前から徐々に大きくなっている。メモは手前、書類は奥など、サイズに合わせて分類可能だ。

自席が決まっていないフリーアドレスのオフィスや会議での移動が多いと仕事道具を持ち運ぶのも一苦労。そんなときに重宝するのが「ユートリム スマ・スタ A4ボックス」(ソニック)だ。内部を仕切ることができるモバイルボックスで、モバイルパソコンや書類、筆記用具、ケーブル類などを収納できる。まさに「移動できる引き出し」で、展開すればそこが仕事場になる。

●2つのリフィルを装備、最大4ページを同時閲覧



2つのリングを持つシステム手帳で、4ページ分のリフィルを一度に俯瞰できる。それでいてコンパクトに畳める聖書サイズ。左側で月間スケジュールを確認し、右側のノートに記録する。じゃばら状で右側、左側、それぞれのリフィルだけを開いて使うこともできる。

●自立するバッグインバッグ、タブレットなどを楽々収納


背面のチャックを開いて二つ折りにすると収納スタンドになる、ユニークなバッグインバッグ。折り返し部分が内蔵されたマグネットで固定され、自立する仕組み。12型のタブレットやケーブル類、A4ノートなどが入る。

●ハンドル付きで持ち運びに向く、自立するファイルケース



書類を挟んで自立するファイルケース。厚さ2センチまでの書類を収納できる。スタンド時は書類の上部がケースから見えるので、取り出しやすいのもメリット。ハンドルを引き上げるとフラットになる。

●スマホやペンをすっきり収納、薄く折り畳んでしまえる


簡単に組み立てられ、スリムな形状に折り畳んで片付けられるデスクオーガナイザー。スマートフォンやペンなどをコンパクトに収納でき、使い勝手も良かった。マグネット内蔵でクリップなどを貼り付けられる。

●壁面を収納スペースに活用、6ポケットで分類も楽々


つり下げ式で壁面やデスクサイドにセットできる、省スペース型のドキュメントファイル。手前に開くじゃばら構造で、6つのポケットを用意。1つのポケットにコピー用紙30枚が入る。

●好きなページに資料を「融合」、A4書類をとじられるノート



ノートと資料を同じページにまとめられる、新発想のダブルリングノート。リング部にある、穴が開いた専用パーツの剥離紙を剥がして書類を貼り付ける仕組み。専用パーツには切り込みがあるため、好きなページに資料を貼り付けられる。

●使う文房具をすぐ出せる、ペントレーになるポーチ



ワンタッチでペントレーに早変わり。チャックを開けてマグネットを内蔵した両サイド部を立てると、トレーのようになる。開口部が大きく、中身を一目で確認できるのも利点だ。内側と外側にポケットも用意。

●2種類のテープをセットできる、持ちやすく切れ味も文句なし


2種類のテープを1つにまとめるテープカッター。2つのマスキングテープを同時に使える他、セロハンテープを組み合わせることもできる。本体にくぼみがあり、持ちやすく、刃の切れ味も良かった。カラーは全5色。分解できるので違う色を組み合わせるのも面白い。カッター本体は簡単に取り外すことができる。テープの入れ替え作業も楽だった

●手帳やノートに装着できる、チャック付きのポケット



手帳やノートなどに収納ポケットを作れるグッズ。裏面にあるシールを剥がし、ノートの好きな場所に貼り付けるだけでできあがり。チャックで閉じられるので、かばんの中で逆さまになっても中身が落ちない。

●マグネット式のケーブルホルダー、邪魔なケーブルをまとめる



マグネット式のケーブルホルダー。スチール面に固定でき、ケーブルをすっきりと整理できる。付属のスチールプレートを使えば、マグネットが付かない場所にもケーブルを固定できる。

(注)価格はすべて日経トレンディ編集部調べ。税別の実勢価格。

[日経トレンディ2019年9月号の記事を再構成]

最終更新:8/31(土) 7:47
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事