ここから本文です

坂本龍一、日本全国をかけまわる夏──教授動静【第15回】

8/30(金) 20:41配信

GQ JAPAN

“教授“こと坂本龍一の動向を追うライター・編集者の吉村栄一による「教授動静」。第15回は、8月に日本に一時帰国した教授が参加したイベントの詳報をお届けする。(この連載は、毎月末に更新します。お楽しみに!)

【写真を見る】北海道から和歌山、香川まで全国各地をかけめぐる!

More treesトリエンナーレ

前回お伝えしたように、教授は充実した台湾訪問を終えてニューヨークに戻った。

ニューヨークでは、引き続きフェルディナンド・チト・フィロマリノ監督の新作映画『Born To Be Murdered』の音楽制作に集中し(途中、ロスアンジェルスでフライング・ロータスとセッションも行なったが)、さあ、いよいよ佳境というところで夏の日本行きとなった。

この2019年夏、日本での予定もなかなかに気ぜわしい。北は北海道から南は和歌山、香川まで全国各地で予定が入っていた。

最初に赴いたのは北海道の美幌町。2007年に教授が立ち上げた森林保全の団体「more trees」のトリエンナーレ出席のためだ。美幌町は同じく道内の下川町、足寄町、滝上町とともに森林バイオマス吸収量活用推進協議会を結成している町。美幌町民会館で8月3日に行われた「more trees シンポジウム~多様性のある森づくり」でパネル・ディスカッション「『多様性のある森づくり』と私たちの暮らし」に作家の浜田久美子氏、more trees事務局長の水谷伸吉氏とともに登壇したほか、トリエンナーレの懇親会にも出席した。

「3年に1回のトリエンナーレでは、北海道から九州まで、more treesが提携している森林をもつ11の市町村の人びとが集まりました。どの地域でも森林の活性化や保全の活動をし、木の利用の促進にも取り組んでいるのですが、それぞれの市町村はお互いをよく知らない。風土や気候もちがう。しかしサステイナブルな活動を行なうのに、情報や知識を共有したほうがいいという考えから、3年にいちどみんなで集まって智恵を共有しようという集まりなんです」

トリエンナーレには、各自治体の関係者やmore treesを支援する関連企業の人びとも多く集まった。12年という歴史のあるmore treesだから、懐かしい顔もある。乾杯もした。

「みんなで話し合い、懇親を深める楽しい会。各地の森の人たちに会える機会はあまりないので、町長さんや市長さんが代替わりしていたり、逆に、まだご健在という方もいる。more treesも12年経って、最初に植樹した木はだいぶ大きくなってきたけど、それでも樹木が成木になるまでに60~70年はかかる。伝統的な林業というのはもともとそういうものなので、みんな次世代のためにがんばっています」

今回のトリエンナーレでとくに話し合われたのは、「日本の森に多様性を取り戻す」ということ。

「日本では、戦後すぐから建築需要で森が杉や桧の針葉樹ばかりになってしまったのを、もっと多様性のある森に戻したいということです。針葉樹ばかりだと花粉の問題もあるし、海外の輸入材流入の関係でお金が回らなくなり、それで保全もできなくなっている。針葉樹だけとか、単一種のみの森ではなく、広葉樹もまぜていろんな種類の木が生えている森のほうが、需要の変化にも対応できるし、病気や災害で一斉に枯死することもない。これは言ってみれば、自然の森の模倣ですね」

1/4ページ

最終更新:9/2(月) 11:01
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事