ここから本文です

分岐点に立つ米国財政 歳出上限を10年ぶりに廃止、財政再建は茨の道を進むか? 

8/30(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

オバマ、トランプ政権下の減税策で、財政赤字は当初見通しより悪化した(代表撮影/ロイター/アフロ)

<2019年9月7日号> 米国では歳出上限が廃止される方向にある。10年続いた財政運営の枠組みがなくなり、米国の財政は分岐点に立とうとしている。 本文:1,332文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

安井 明彦 :みずほ総合研究所 欧米調査部長

最終更新:8/30(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る