ここから本文です

井口監督の非情采配がCS進出をもたらす、のかな……【川口和久のスクリューボール】

8/31(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

必要なのは先発じゃなくリリーフのローテーション

2回1失点で降板し、さらに二軍落ちとなったロッテの二木

 夏の甲子園が終わり、U-18日本代表が始動した。大会は韓国だが、バタバタしているから少し心配だな。高校生の大会でヤジが飛び交うようなシーンは見たくないしね。

 甲子園で株を上げたのは、星稜高の右腕・奥川恭伸だったが、今回のU-18では大船渡高の佐々木朗希も招集された。能力の高さはすでに分かっているが、大舞台で強打者相手にどのような対応力を見せるのか注目したい。

 佳境に入っているプロ野球では、8月24日、巨人にマジック20が出た。残り試合はどこも30試合を切った。CS争いまでを考えたら、セでは4位の阪神までだと思うが、パは6位のオリックスまでCSの可能性が残る空前の大混戦となっている。

 9月に入れば、もう残りは20試合前後だから、一戦も落としたくない厳しい戦いになってくるはずだ。

 こうなったとき一番大事なのがローテーション。先発じゃないよ、リリーフのローテーションだ。

 90年代の初めくらいまでは、先発は完投、もしくは7、8回まではたいてい投げていたから、あとは抑えがしっかりしていれば、勝ちゲームはつくれた。しかし、今は・・・ 本文:1,654文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:8/31(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る