ここから本文です

全米ティーンの憧れの的、ゼンデイヤの5つの秘密

8/31(土) 20:22配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ディズニーチャンネルに出演して人気を博し、全米ティーンの憧れの存在となっているゼンデイヤ。モデル出身というだけある抜群のスタイルとセレブも認めるファッションセンス、そして高い演技力を持っているが、明るく率直でユーモアなキャラが愛されている彼女。
そんなゼンデイヤが9月1日で23歳を迎えるのを前に、ゼンデイヤの秘密についてご紹介!

【写真】史上最高にユーモラスなメットガラ2019のレッドカーペット速報

名前の由来は「感謝を伝える」

1996年9月1日、アフリカ系アメリカ人の父カゼンベと、ドイツ系アメリカ人の母クレアのもと、カリフォルニア州オークランドに生まれる。本名は「ゼンデイヤ・マリー・ストーマー・コールマン(Zendaya Maree Stoermer Coleman)」。ちょっぴり珍しい響きの名前「ゼンデイヤ」は、アフリカ・ジンバブエを中心に使われるショナ語で“感謝の意を伝えること”を意味する「Tendayi」に由来するそう。友人たちからは「デイヤ」と呼ばれている。ヌーンというミニチュア・シュナウザーを飼っている。

モデル発、ディズニー・チャンネル経由ハリウッド行き

抜群のプロポーションを武器に、幼い頃からモデルとして広告やCMに出演し、また8歳から習っているというダンスのスキルをいかしてパフォーマーとしても活躍、さらに劇場で働いていた母の影響で演技にも触れていたというゼンデイヤ。

出世作は、14歳の時に出演したディズニー・チャンネルのドラマ『シェキラ!』(2010~2013)で、オーディションでロッキー・ブルー役を勝ち取り、ベラ・ソーンと共演。高い視聴率と人気を獲得する。その後はディズニー・チャンネルのオリジナル映画や『スパイダーマン』(2017~)シリーズ、ブルーノ・マーズのPV、日本でもロングランヒットした『グレイテスト・ショーマン』(2018)などに出演、活躍の場を世界に広げていく。

歌唱力も抜群で、2013年には自身の名をタイトルに付けたアルバムをリリースしたり、声で出演したCGアニメ映画『スモールフット』のサウンドトラックにも、ボーカルで参加したりしている。

1/2ページ

最終更新:8/31(土) 22:39
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事