ここから本文です

浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』大ヒット 4週連続ランキング上位

8/31(土) 7:45配信

Book Bang

8月27日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 ノンフィクション・教養書他第1位は『大家さんと僕 これから』が獲得した。
 第2位は『M 愛すべき人がいて』。第3位は『「大家さんと僕」と僕』となった。

『M 愛すべき人がいて』は初登場から4週連続の2位。ノンフィクション作家の小松成美さんが歌手の浜崎あゆみさんを取材しまとめた浜崎さんの自伝的小説。出版元の幻冬舎の見城徹社長が、映像化のオファーがたくさん来ていると発言し、テレビ朝日での連続ドラマ化が決定したと各スポーツ紙で報じられた。また週刊新潮(2019年8月15・22日号)はエイベックス所属の若手歌手が浜崎さん役を演じるのではないかという関係者の言葉を掲載している。デビューから20年以上も最前線を走り続ける浜崎さんだが、ドラマがはじまればさらに大きな話題と注目を集めそうだ。

1位『大家さんと僕 これから』矢部太郎[著](新潮社)

季節はめぐり、初めての単行本が大ヒットとなった僕は、トホホな芸人から一躍時の人に。忙しい毎日を送る一方、大家さんとの楽しい日々には少しの翳りが見えてきた。僕の生活にも大きな変化があり、別れが近づくなか、大家さんの想いを確かに受け取り「これから」の未来へ歩き出す僕。美しい感動の物語、堂々完結。(新潮社ウェブサイトより)

2位『M 愛すべき人がいて』小松成美[著](幻冬舎)

それでもマサ、私は歌っているよ。浜崎あゆみを生きているよ。歌姫誕生に秘められた、出会いと別れの物語。「二人で作り上げた”浜崎あゆみ”は、マサにも、あゆにも、手に負えないモンスターになってしまったね」博多から上京したありふれた少女・あゆを変えたのは、あるプロデューサーとの出会いだった。やがて愛し合う二人は、”浜崎あゆみ”を瞬く間にスターダムに伸し上げる。しかし、別れは思いのほか、早く訪れ……。(幻冬舎ウェブサイトより)

1/2ページ

最終更新:8/31(土) 8:59
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事