ここから本文です

「ゴリ押し」に引いてしまう人も…… 「キングダム」未読の“未ングダム”はハマるのか?

8/31(土) 7:30配信

Book Bang

 8月27日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『キングダム(55)』が獲得した。
 第2位は『進撃の巨人(29)』。第3位は『月刊少女野崎くん(11)』となった。

 1位の『キングダム(55)』は8月19日に発売。それに合わせ「週刊ヤングジャンプ」のYoutubeアカウント「ヤンジャンTV」で動画「未ングダム」が公開された。“キングダム芸人”として知られる平成ノブシコブシの吉村崇さんが司会となり、「キングダム」を読んだことのない“未ングダム”の9人にその魅力を伝えるという内容だ。

“未ングダム”メンバーの一人でモデルの山賀琴子さんは姉が「キングダム」の大ファンだが、その「ゴリ押しに引いてしまう」と告白し、その他のメンバーも一様に「ダル~」と吉村さんの熱いオススメに気乗りしない様子。しかし番組中に1巻から5巻を読んだ後は“未ングダム”メンバーの様子が一変。「6巻どこですか」「好きなキャラは……」と早速ファンになってしまった様子で、心に残った名言を発表しながら盛り上がっている。

「未ングダム」は現在1巻から5巻の内容を語り合う第一章と6巻から10巻を語り合う第二章、11巻から16巻を語り合う第三章まで公開されている。

1位『キングダム(55)』原 泰久[著](集英社)

十四日目! 朱海平原右翼、佳境!!  飛信隊、決死の攻勢の行方は!? 十三日目夜、王賁が討たれてしまった秦軍では、信が臨時の大将となり、右翼全体を率いることに。全ての力を“攻め”に集結させ、趙軍の頭脳・趙峩龍に迫る…! そんな中、守りが手薄になった飛信隊は、干斗ら若手の隊が趙軍に包囲され…!?(集英社ウェブサイトより)

2位『進撃の巨人(29)』諫山 創[著](講談社)

「地鳴らし」を発動させるべく、ついに兵団に刃を向けた「イェーガー派」。彼らはザックレー総統を殺害し、兵団の要人を拘束。ジークのもとへ向かう。一方ジークを見張るリヴァイは、死闘の末に再びジークを捕らえる。そこで明かされるジークの真の計画とは……。(講談社ウェブサイトより)

1/2ページ

最終更新:9/2(月) 12:11
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事