ここから本文です

アマゾンの熱帯雨林を、飽くなき「資本主義」が焼き尽くす

9/1(日) 12:22配信

WIRED.jp

資本主義においては、ほとんどすべてのものについて「価値」が明示される。クルマやハウスクリーニングといった商品やサーヴィスには、それぞれに価格がある。医療保険に加入すれば自分の健康状態が保険料に反映されるし、もっと極端な話をすれば奴隷制では人間そのものに値段がついていた。法律で取引が禁じられている希少な植物や動物でも、ブラックマーケットやFacebookのような場所で隠れて売買されている。

アマゾンの森林火災は“必然”だった

これに対してアマゾンの熱帯雨林は「商品化」を免れてきた。そこでは多様な生物が人智を超えた方法で相互に影響し合い、森全体のエコシステムが大量の二酸化炭素(CO2)を蓄えている。そしてアマゾンが、そのことでわたしたち人類に請求書を送りつけてきたことはない。

価値を見定めることのできないものは、いつかは破壊されてしまう。ブラジルの大統領であるジャイル・ボルソナロは、基本的には農業従事者が熱帯雨林に火をつけて農地に変えることを奨励している。ボルソナロ政権にとって重要なのは、肉牛(ブラジルは世界最大の牛肉輸出国で、世界の牛肉消費の20パーセントはブラジル産だ)と大豆などの穀物の価格だけなのだ。

ブラジルの政権交代が発端に

先に言っておきたいのだが、アマゾンでの火災は別に目新しいことではない。森林伐採や野焼きは以前から行われていた。ただ、長年にわたってゆっくりと進行してきた破壊の果てに熱帯雨林が失われていくスピードは徐々に速まっており、火災の頻度や規模が急拡大しているのだ。

同時にいま起きていることは、政治の気まぐれな動き(この場合はボルソナロ政権の誕生)によって人々の行動がどう変化するかという、完璧な事例だとも言える。今年のアマゾンを取り巻く環境で特徴的なのは、ボルソナロのレトリックによって勇気づけられた人たちが増えている点だ。フロリダ大学でアマゾンを研究している生態学者のエミリオ・ブルーナは、「農業のじゃまになるものを取り除くための違法な放火が行われているほか、これが先住民や環境保護の活動家を脅す手段として利用されています」と語る。

この状況で最も被害を被るのは、アマゾンに暮らす先住民たちだ。先住民たちは何千年にもわたり、熱帯雨林を焼き尽くすことなく、そこから得られるものを享受してジャングルと共存してきた。ブラジル先住民連合(APIB)のソニア・グアジャジャラは、「資本主義は破壊による前進を容認します」と言う。「これはわたしたちの信念とは異なります。わたしたちは、すべてを破壊しなくても自然から何かを得ることはできると考えているのです」

1/4ページ

最終更新:9/1(日) 12:22
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事