ここから本文です

14歳リウが衝撃V! 史上初「4回転&3A」同時成功、米絶賛「ロシア支配終わらせた」

9/1(日) 10:02配信

THE ANSWER

シニア顔負け208.10点で国際大会デビュー戦V、ロシア勢の連勝「20」で止める

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦・米国大会は31日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の14歳アリサ・リウ(米国)が138.80点、合計208.10点で国際大会デビュー戦で初優勝。昨季、13歳でシニアの全米選手権を制した天才少女は一つのプログラムで4回転ジャンプと3回転アクセルを同時に成功させるという女子史上初の快挙を達成。米記者は実際のジャンプを動画付きで公開し、海外メディアは「ロシアの支配を終わらせた」と絶賛している。

【動画】これが歴史的瞬間! 3回転アクセルに続き、驚異の高さで…14歳リウが決めた“4回転ルッツ成功”の実際のシーン

 米国の14歳がフィギュア界に衝撃を走らせた。リウは冒頭で3回転アクセル―2回転トウループの連続ジャンプを着氷させると、次に跳んだのは4回転ルッツだ。驚異の高さを記録したジャンプを完璧に成功。会場をどよめかせたが、これが女子フィギュア史上初の快挙の瞬間だった。

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は「アリサ・リウ、公式試合で史上初となる一つのプログラムでの4回転とトリプルアクセルの同時成功」とツイッターでレポートした。合わせて米国の女子が種類を問わず4回転ジャンプを決めたのは初、また4回転ルッツを試合で成功させた米国女子初の選手となったことも紹介し、実際のジャンプも動画付きで公開している。

 その後の単発の3回転アクセルこそ転倒したが、ステップ、スピンも質の高い演技を披露し、合計208.10点とシニア顔負けの得点で圧勝。ジュニアのGPシリーズは16年第4戦以降、ロシア勢が20連勝を飾っていた。衝撃的な演技で演じた優勝に対して、米放送局「NBCスポーツ」公式ツイッターは「アリサ・リウがロシアの支配を終わらせた」と絶賛した。

 まだ14歳の超新星。22年北京五輪に向けても、日本、ロシアの強力なライバルとなることは間違いない。伸びしろを残した天才少女は今季、どこまで進化するのか、楽しみでならない。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/1(日) 11:09
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事