ここから本文です

『特務機関NERV防災アプリ』防災情報を国内最速レベルで警報発令

9/2(月) 18:05配信

アニメージュプラス

ゲヒルンは、2019年9月1日(防災の日)に『特務機関NERV 防災アプリ』の提供を開始する。アプリは、2019年9月1日(防災の日)から配信開始、利用料は無料で、現在はiOSに対応、Android 版は後日提供予定となっている。

【関連画像】『特務機関NERV防災アプリ』の画像(3点)

『特務機関NERV 防災アプリ』は、地震・津波・噴火・特別警報の速報や洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマートフォン用サービス。被害が予想される地域に居住する方や訪問者等が的確に状況を認識し、迅速な判断・行動が取れるよう補助する目的で開発された。

提供する防災気象情報は、気象業務支援センター(気象庁本庁舎および大阪管区気象台内)と接続した専用線からダイレクトに受け取ることで情報の信頼性を担保し、当社が独自に開発した技術により国内最速レベルの情報配信を実現している。

アプリの名称は、人気アニメ作品『エヴァンゲリオン』シリーズに由来。「特務機関NERV」は、使徒と呼ばれる謎の生命体に対処するための超法規的組織で、使徒の襲来を知らせる警報を発令する。「特務機関NERV 防災アプリ」も、様々な機関と連携しながら防災情報を配信する。

ゲヒルンは、気象庁から「大雨・洪水警報の危険度分布」に係るプッシュ型通知サービスの協力事業者に選定されたことを受け、「特務機関NERV 防災アプリ」の大雨危険度通知機能を気象庁と協力して開発をおこなっている。開発にあたっては、東日本大震災や熊本地震で実家が被災したエンジニア、防災士の資格を持つデザイナー、オーストラリア在住のデザイナー、地理空間情報のビジュアライゼーションに長けた開発者など、様々な背景を持つメンバーを中心に開発している。また、東日本大震災から今日まで、24時間365日休むことなく防災情報を届けている。

<カラーよりコメント>
2011 年の震災から8 年が経ちますが、ゲヒルンさんのご活動は当時からずっと変わることなく進化し続けています。
アプリ名称やアイコンなど、一部に弊社作品『エヴァンゲリオン』の象徴的なデザインを取り入れていただいておりますが、ご利用者の皆様に、アプリの存在を少しでも身近に感じていただけるお手伝いができましたら幸いです。
前触れのない災害に対して準備すること自体が日常的になりますよう、アプリの頒布を応援させていただきます。

※カラーは、『エヴァンゲリオン』シリーズをはじめとした映像企画・製作会社。

アニメージュプラス 編集部

最終更新:9/2(月) 18:05
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事