ここから本文です

マジョルカ久保建英がスペインデビュー! 18歳で日本人最年少リーガ出場も0-2惜敗

2019/9/2(月) 1:54配信

Football ZONE web

第3節バレンシア戦、後半34分から出場した久保がリーガデビュー

 スペイン1部マジョルカは現地時間1日のリーグ第3節でバレンシア戦と対戦。日本代表MF久保建英は後半34分からピッチに立って新天地で初出場を飾り、日本人最年少リーガデビューを果たしたが、試合は0-2で敗れている。

【動画】マジョルカの18歳MF久保建英、日本人最年少リーガデビューを飾った歴史的瞬間

 8月22日にレアルからマジョルカへの期限付き移籍が決まった久保は、25日の第2節レアル・ソシエダ戦でメンバー外となり、今節はベンチスタートとなった。

 試合はアウェーのマジョルカが何度も相手ゴールに迫るもチャンスを生かせないまま時間が経過。すると前半42分、DFアントニオ・ライージョがバレンシアMFフランシス・コクランをエリア内で倒してPKを献上。これをスペイン代表MFダニエル・パレホに決められ、前半終了間際に先制点を献上した。

 後半に入るとマジョルカはさらに追い込まれる。同12分、相手CKからの競り合いでFWラーゴ・ジュニアがハンドを取られ、この日2度目のPKを献上。前半に続き、このPKをパレホに沈められて0-2とリードを広げられた。

 マジョルカは後半19分に2人を同時交代して反撃を試みるも決定打は生まれない。すると同34分、3人目の交代カードとして久保が登場。FWアンテ・ブディミルに代わってピッチに送り出された久保はこの瞬間、18歳89日で日本人最年少リーガデビュー記録を打ち立て、日本サッカー史に名前を刻んだ。

 右サイドハーフに入った久保になかなかボールが入らないまま時間が経過。一方、バレンシアも後半39分に韓国代表MFイ・ガンインを投入し、日韓の有望株がピッチに降り立った。久保は力強いタックルからボールを奪取し、何度か仕掛ける姿勢を見せたがチャンスは作れず、そのまま0-2で敗れている。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/9/2(月) 2:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事