ここから本文です

大谷翔平はバッターとしても確かな才能の持ち主だ【張本勲の喝!!】

9/3(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

大谷はステップを誰に習ったのか

細かな点を修正すれば大谷はさらに打てる/写真=Getty Images

 令和最初の夏の甲子園が終わった。甲子園が始まる前は大船渡高の佐々木朗希、甲子園が始まってからは準優勝を遂げた星稜高の奥川恭伸という2人の右腕が話題をさらったが、果たしてプロの世界でも“令和の怪物”と呼ばれるような存在に成長していくことはできるだろうか。“平成の怪物”といえば松坂大輔(現中日)だが、その呼び名は多分に横浜高時代のドラマチックな活躍があってこそだ。投手としての力で真に“平成の怪物”と呼ぶべきは大谷翔平(現エンゼルス)だろう。松坂も素晴らしいボールを投げたが、角度がない分、プロの打者を“威圧した”というわけではない。その点、大谷はただボールが速いだけでなく、193センチの長身を生かした上からの角度があった。バッターにしてみたら、「これは打てんぞ」というボールを投げていた。日本のプロ野球界に5年しかいなかったのは残念なことだ。

 大谷は昨年、アメリカへ渡ったが、シーズン途中に右ヒジの手術を余儀なくされ、今年はバッターに専念している。ケガをする前まで、私は二刀流ではなくピッチャー1本でいったほうがいいと言っていたが、バッターとしても素晴らしい才能の持ち主であることは間違いない。

 大谷のバッティングにおける一番の利点は、理想的なステップの幅にある。これまでに何度も書いてきたが・・・ 本文:2,480文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/3(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る