ここから本文です

キャサリン妃、子供たちと行きつけのパブへ

9/3(火) 13:10配信

25ansオンライン

先月、プライベートジェット騒動の最中、ハリー王子とメーガン妃、アーチーくんご一家が、ご自宅フロッグモア・コテージ近くのパブ(ザ・ローズ&クラウン)で目撃されました。
豪華な移動手段とは逆に、地元のパブでリラックスというギャップに好感度は上がるも、戦略というこれまたうがった見方もなきにしもあらず。
ローストディナーなどお食事とビールを数杯飲まれていたハリー王子は、間違いなくパブ好きでしょうが、一方のメーガン妃はどうやらお水を飲まれていたそう。アーチーくんもいらしたからでしょうね。と推測するも、米出身のメーガン妃に英国パブの印象をお聞きしたい!  

【写真】プリンセスも楽じゃない! リアルで人間らしさを感じるキャサリン妃

そして今度はキャサリン妃ご一家。
バークシャー州にあるパブ「ジ・オールド・ブート・イン」にキャサリン妃ご一家が度々来られていることが判明しました。
場所からもわかるように、こちらのパブは、ミドルトン家の行きつけパブ。キャサリン妃も昔からよく行かれていて、実は2011年のロイヤルウェディング に、前家主が招待されたほど。

今でもキャサリン妃&ウィリアム王子がご一家でこのパブにいらっしゃるのは、ミドルトン家を訪問された時のようですね。
とは言え、ジョージ王子(6歳)やシャーロット王女(4歳)にルイ王子まで、お子さまたちも全員ご一緒に、というのはいささか驚きではないでしょうか?

私もロンドンに住み始めの時、週末に昼間からパブに子どもたちや家族がいるのを見て「?!?!?!」と思ったものでした。しかし実際のところ、家族が同じ場所で一緒に過ごすということや、大人は大人で、子どもは子どもの飲み物を。そして、一緒にいながらも大人と子どもの間にちゃんと線がある、英国らしい価値観を興味深く感じたものでした。

では、ケンブリッジ公爵家は?
どうやらパブのお庭で、キャサリン妃とお子さまたちが遊んでいらっしゃるのだそう。
確かに、こちらのパブ、裏にお庭があり、表からはまったく見えません。だからいまだに、ましてやご家族でも立ち寄られるのでしょうね。
地元の常連客の人々も、ご一家がいらしてもいたって普通に接していらっしゃるそうで、それもお気に入りの理由でしょう。

現在の家主が語ったところによると、ある時には大型バスからオランダ人観光客たちがパブに寄ったそうですが、その時でさえケンブリッジ公爵家ご一家だとは気づいてなかったのだとか。まさかそこまで気づかないもの??とは思いますが(笑)

また家主は、こんなキュートな話も明らかに。
もしジョージ王子がカモフラージュ柄のお洋服をお召しになってパブにいらしたら、そこにいる全ての大人達は、あたかも王子が見えないように振る舞わなければならないのだそう!なぜなら、カモフラ(笑)それは王子にとって楽しい~!
ではシャーロット王女はというと、家主の恋人の娘さんと遊ばれるのがお好きだそう。
お子さまたちにとっても、パブが社交の場となっているようで、素晴らしいですね。

ウィリアム王子は、かつて空軍パイロットとして勤務されていた時代、パブ・クイズにひょっこり参加されては、客たちを驚かされて楽しまれていたとも言われ、現在もパブで、とってもフレンドリーに交流されるご様子。
ご夫妻が日頃から、普通の子どもたちと出来るだけ同じように育って欲しい、と願われる通り、まさに英国庶民の代表的文化にも触れる機会を多く与えていらっしゃるようですね。
シェパーズパイが恒例のオーダーで、パブディナーもお好きなのだとか。
偶然お見かけしたいものですね。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:9/3(火) 13:10
25ansオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事