ここから本文です

「熱波」の襲来は、どこまで高精度に予測できるのか?

9/3(火) 8:10配信

WIRED.jp

欧州を7月末に襲った熱波は記憶に新しい。パリでは7月25日午後に過去最高となる42.6℃を観測した。うだるような暑さに悩まされたのはパリ市民だけではなく、例えば「ツール・ド・フランス」の選手たちはネッククーラーを巻いてレースに臨んだ。ロンドンでは交通当局が地下鉄に乗る際に水を携帯するよう呼びかけ、スペインの消防士たちは山火事の消化に追われた。

熱波へのたった1つの対処法

この厳しい暑さを引き起こしたのは、「ヒートドーム」と呼ばれる気象現象だった。サハラ砂漠からやって来た熱い空気が大気の流れによって大西洋と東ヨーロッパとの間にとどまり、西ヨーロッパ全体で上空にドーム状の空気の傘を形成して、熱を閉じ込めたのだ。

米国では7月に東海岸周辺で12日間にわたって猛暑が続いたが、こちらもヒートドーム現象が原因だった。このときには、首都ワシントンD.C.を流れるポトマック川の水温が34.3℃まで上昇している。

こうした熱波の到来を予測することは、気象学では重要な課題となる。早期に予報できれば、熱中症を起こしそうになったときに使える臨時の休憩所を用意したり、電力需要の急増に備えるといった対策が打てるからだ。また、高齢者などの体調を崩す可能性が高い人たちの多い場所に、必要な機器や物資を届ける時間的余裕も生まれる。

全米の主要50都市における熱波の発生回数は、1960年代からこれまでに3倍に増えている。7月の世界の平均気温は、観測が始まった1880年以降で最も高かった。

鍵を握る「マッデン・ジュリアン振動」

こうした状況のなか、気象予報は向こう10日間の天気については非常に優れた成績を残している。そして気象学者たちは、マッデン・ジュリアン振動(MJO)と呼ばれる現象を観察することで、さらに長期の予報が可能になるよう努力を進めている。

マッデン・ジュリアン振動とは、インド洋で発生した積乱雲が東に進む現象だ。30~60日周期で繰り返し起きることから、「振動」と呼ばれている。この振動は波のように移動しながら、地上付近の気象に影響を及ぼす。高度18,000フィート(約5,500m)の場所で起きているエルニーニョ現象のようなものだと考えればいいだろう。

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に7月に掲載された論文によると、1979年から2000年にカリフォルニア州のセントラル・ヴァレーで起きた熱波は、いずれもマッデン・ジュリアン振動の影響によるものだ。論文の著者でカリフォルニア大学デーヴィス校の土地・ 空気・水資源学部教授のリチャード・グロッチャンは、「マッデン・ジュリアン振動は特定の気象現象を引き起こすというよりも、現在の天候を増幅したり減衰させたりする効果があります」と語る。

コロラド州ボルダーにある米大気研究センター(NCAR)では、科学者たちがコンピューターシミュレーションや衛星などからの気象観測を利用して、夏季の極端な猛暑の予測モデルの作成に取り組んでいる。過去に世界各地で起きた熱波に開発中のモデルを適用して予報の正確性を試し、マッデン・ジュリアン振動によって気圧のシステムがどのような影響を受けるかを予測できるか確認する、といった研究が続けれられているのだ。

NCARのClimate and Global Dynamics Laboratoryのジュリー・キャロンによると、北米ではマッデン・ジュリアン振動によって高気圧が発生し、北極圏や太平洋からの冷たい空気の流れが妨げられる。キャロンは「気象の世界の交通渋滞のようなもので、大気の流れが滞るのです」と話す。

1/2ページ

最終更新:9/3(火) 8:10
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事