ここから本文です

女が嫌いな女・miwaはアスリートの妻向き? 時代に逆行するメンタルの強さ

9/3(火) 11:02配信

デイリー新潮

 女に嫌われる女・四天王を挙げよと言われたら、土屋太鳳と広瀬すずと吉岡里帆、そしてmiwaではないだろうか。理不尽な人選だが、miwaが頭ひとつ抜けた感がある。4歳年下の金メダリスト水泳選手・萩野公介とのできちゃった婚が発表された。萩野はスランプで休養中だったことも、批判に拍車をかけている。

 miwaがここまで嫌われたきっかけといえば、「ミュージックステーション」での坂口健太郎事件が有名である。映画で恋人役として共演した坂口の手の大きさを伝えるのに、わざわざ彼の手のひらに自分の手のひらを合わせてアピールしたという事件。149cmという小さな体でギターをかき鳴らして明るく歌う、若くてかわいい女性アーティストというイメージが一変した。ギターを担ぐ後ろ姿の写真を載せれば「低身長アピール」と言われ、鼻にかかった高い声は「かわいこぶった声でイライラする」とこきおろされる。現在は違うが、かつてGoogle検索で「miwa」と入力すると、「あざとい」がキーワード候補のトップになっていたほどだ。

 そして何より、低身長も高い声も近い距離感も、男性にしてみたら「かわいい」と思わせる要素だらけというのが、女性にとって一番カンにさわるだろう。事実、2018年にE-TALENTBANKが10代~30代男性500名を対象に行った調査では、「彼女にしたい女性アーティスト」で西野カナと同率1位だ。今回の結婚発表でも、「miwaロス」を訴える男性ファンが続出していたと聞く。

 やっかいなのは、計算高く男に近づく女を、計算高いと指摘した女性の方が「性格悪い」「ブスのやっかみ」と嘲笑されるリスクである。いや、正確にはmiwaは別に計算をしている気はないのだろう。坂口健太郎と手を合わせるのは「Mステ」出演の4カ月前、「第23回 東京ガールズコレクション2016 AUTUMN/WINTER」でもやっている。逆に言えば炎上するリスクさえ考えない、その「計算のなさ」が、時代に逆行していて、miwa嫌いの人々をよけいに苛立たせているのではないだろうか。

1/2ページ

最終更新:9/3(火) 14:15
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事