ここから本文です

サムスンはスマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」で、ヘルスケア機能を重視したアップルに挑む

9/4(水) 12:13配信

WIRED.jp

アップルはさほど時間をかけずに、誰もが認めるスマートウォッチのトップメーカーになった。だがサムスンとて、戦わずして勝負を下りるつもりはない。

グーグルから「Pixelのスマートウォッチ」が登場?

その自信を裏付ける数字もある。サムスンのウェアラブル端末事業は、この1年の伸び率が100パーセントを超える成長を続けていると、ふたりのアナリストがそれぞれの報告書で指摘しているのだ。そしていま、サムスンは新たなウェアラブル端末をラインアップに加えることになった。

スマートウォッチの新モデル「Galaxy Watch Active2」は、サムスンが2019年2月に発表した「Galaxy Watch Active」のアップデート版だ。より薄く軽量になったうえ、新たに2サイズから選べるようになっている。サムスンによると、注目すべきは健康とフィットネスに関する高性能なトラッキング機能だという。これはフィットネス関連機能を最大のセールスポイントにする「Apple Watch」を狙い撃ちするためだ。

健康関連の機能を大幅に強化

Galaxy Watch Activeのケース径は42mmのみだったが、新モデルのActive2は40mmと44mmの2種類が揃う。ディスプレイを囲む部分のデザインも洗練されたものになっている。わずかに薄く軽量になったが、初代Activeがすでにかなり小型であったことを考えると、これは評価に値する改良だろう。さらにActive2は、モデルによってはLTE接続に対応しているうえ、音声翻訳機能も搭載している。

サムスンのこれまでのスマートウォッチとは違い、新モデルには回転式ベゼルがないことも注目に値する。サムスンによると、ディスプレイ部分をできるだけ大きくするために、この機能を“デジタル化”したという。機械的に回転するベゼルは当初から人気の機能だった。スワイプやタップ以外に、ベゼルをくるくると回してメニュー間を行き来することができたからだ。

だが、Active2の名が示す通り、最も進化したのは健康データの収集と体力データのトラッキングに関する機能だ。内蔵された加速度計が改良され、より正確に活動の履歴を追うことができるようになった。

さらに、LEDを使って心拍数をモニタリングするセンサーが、初代Activeの2倍に相当する8個搭載されている。これによって心拍数のサンプル抽出を高速化できるため、より正確なデータ収集が可能になるとサムスンは説明している。

Active2には心電図(ECG)センサーも搭載されるが、現時点ではさほど魅力的な機能とは言えない。このセンサーは米食品医薬品局(FDA)の認可を得ておらず、サムスンは「いまのところ調査段階にあり、詳しい状況が明らかになり次第発表する」としている[編註:コメントは元記事が公開された8月5日時点]。

1/2ページ

最終更新:9/4(水) 12:13
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事