ここから本文です

“ヒロインと年下男子との恋愛”が急増! 宮沢氷魚、重岡大毅ら演じる年下男子キャラの魅力

9/4(水) 7:37配信

リアルサウンド

 『ロングバケーション』(フジテレビ系)や『魔女の条件』(TBS系)をはじめ、かねてより“ヒロインと年下男子との恋愛”はドラマの定番テーマのひとつだが、最近はその勢いがますます加速。現在放送中のドラマにも、違った魅力を放つ年下男子が数多く登場している。

【写真】セミを演じる山田涼介

■ピュアさと包容力を持つ多面性男子:『偽装不倫』伴野丈(宮沢氷魚)

 今期ドラマにおいて、もっともガッツリ“年下男子”との恋愛を謳っているのが『偽装不倫』(日本テレビ系)。主人公・鐘子(杏)が「結婚している」と偽ったことをきっかけに、恋がスタートするのはイケメン、高身長、帰国子女、カメラマンというトキメキワードが並ぶハイスペックな伴野丈(宮沢氷魚)だ。

 年下男子というと、母性本能をくすぐるタイプが描かれるのが通例だが、丈は年下とは思えない落ち着きのあるクールな人。「会いたい」という鐘子のメッセージに、「おいで」と花マルの返信をする男らしさがある傍ら、「大好きだよ」と本音をぶつけて鐘子を困らせてしまうピュアさも持つ。忙しい夫を持つ(フリをする)鐘子に寄り添う包容力と、時折見せる少年のような笑顔とのギャップも魅力だ。

■純粋さが罪! 究極の年上キラー男子:『偽装不倫』八神風太(瀬戸利樹)

 一方で、同じ『偽装不倫』に登場する瀬戸利樹演じるピンク髪の八神風太は、根っからの“年下男子”気質。鐘子の姉・葉子(仲間由紀恵)と不倫関係にあるプロボクサーなのだが、とにかく無邪気でかわいらしい。

 相手に壁を作らないチャーミングな性格で、不倫反対派の鐘子も「かわい~!」と声をあげるほど、母性本能をくすぐりまくる年上キラー。葉子が既婚者であると知ってもなお、「(葉子と)愛し合ってる」と明言する“純粋さ”と“強がり”にもまた胸キュン……。あんなにもあどけない笑顔で「〇〇さ~ん!」とブンブン手を振られれば、大半の大人女子は降参せざるを得ないことだろう。

■笑顔がまぶしい! ハリキリ男子:『これは経費で落ちません!』山田太陽(重岡大毅)

 『これは経費で落ちません!』(NHK総合)で、堅物な経理部員・森若沙名子(多部未華子)に猛アプローチするのは、ジャニーズWEST・重岡大毅演じる山田太陽。森若のことが好きだと気づくと、「沙名子さん」と下の名前で呼んで距離を縮め、食事に誘いまくるという押しの強さがある。

 そんな太陽の「どうしたら俺と外で会ってくれますか?」「放っておけないっす。一緒にいたいです」といったストレートな言葉攻めに、鉄壁と思われた森若もついに陥落。森若が初キスを促すと、それをかわして“頭ポンポン”という突然の余裕にもトキめかされた。元気いっぱいの年下男子×お堅い大人女子の一風変わったやりとりは、永遠に観ていたいと思える心地よさ。勝手ながら、今期の“ベストカップル賞”を贈りたい。

■隣に“私がいなきゃ”の極み男子:『セミオトコ』セミオ(山田涼介)

 Hey! Say! JUMPの山田涼介が演じるのは、なんとセミ。『セミオトコ』(テレビ朝日系)は、美しい青年の姿になったセミの王子様と、冴えないアラサーの主人公・大川由香(通称:おかゆさん/木南晴夏)が、奇跡の7日間を過ごすというファンタジー要素あふれる恋愛物語だ。

 年下というより、セミであるゆえ、一般常識なども何もわからない純粋なセミオ。「おかゆさんに恋をしているみたいです」と、人目を気にせず天使の笑顔を振りまいたり、照れることもなくほっぺにキスしたり……これを、ニヤつかずに観られる女性はいるのだろうか。素直で、キラキラと輝くような容姿を持ち、自分(おかゆ)がいなければ何もできない癒し系のセミオは、最強の年下男子かもしれない。

■もはやワンコ! THE 甘えん坊男子:『あなたの番です』手塚翔太(田中圭)

 「反撃編」に入ってからは、妻・菜奈(原田知世)を殺害した犯人を捜すアツい男と化した『あなたの番です』(日本テレビ系)の手塚翔太(田中圭)だが、振り返れば15歳年上の妻にベタ惚れだった甘えん坊男子。「特別編」では、何度フラれても菜奈にアタックを繰り返す姿が描かれ、「かわいい」と大反響を呼んだ。

 菜奈を抱きしめようとニコニコ手を広げてみたり、駄々をこねたり、何かと菜奈にくっつき回る様は、子犬系男子の頂点。菜奈を失った今なお、“AI菜奈ちゃん”に弱音を吐くなど、“会いたいよタイム”を中心に菜奈にすがりっぱなし……菜奈ちゃんでなくとも、お姉さまが「よしよし」と甘やかしたくなる典型的な年下男子である。

 これほどまでに年下男子との恋愛モノが増えているのは、時代の流れなのか、はたまたお疲れ女子が多いのか。いずれにせよ、かわいい年下男子が癒やしをくれる世界は悪くない。今期も最後の最後まで、この非日常をありがたく堪能しようと思う。

nakamura omame

最終更新:9/4(水) 7:37
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい