ここから本文です

ディミトロフがフェデラーから初勝利、3度目のグランドスラム4強 [全米テニス]

9/4(水) 14:01配信

テニスマガジンONLINE

 今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)を3-6 6-4 3-6 6-4 6-2で倒し、ベスト4進出を果たした。試合時間は3時間12分。

USオープン2019|トーナメント表

 グランドスラムでディミトロフが4強入りしたのは、2017年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)以来で3度目となる。

 全米に9年連続出場となる28歳のディミトロフは、2014年と16年のベスト16がこれまでの最高成績だった。昨年は1回戦で、スタン・ワウリンカ(スイス)に3-6 2-6 5-7で敗れていた。

 この結果でディミトロフは、8度目の対戦でフェデラーから初勝利を挙げた。昨年は2月にロッテルダム(ATP500/室内ハードコート)の決勝で対戦し、フェデラーが6-2 6-2で勝っていた。

 今大会でのディミトロフは、1回戦でアンドレアス・セッピ(イタリア)を6-1 6-7(2) 6-4 6-3で退け、2回戦は第12シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)が腰の故障で棄権したため不戦勝で勝ち上がり、3回戦でラッキールーザーのカミル・マイクシャク(ポーランド)を7-5 7-6(8) 6-2で、4回戦ではアレックス・デミノー(オーストラリア)を7-5 6-3 6-4で破って8強入りを決めていた。

 ディミトロフは準決勝で、第5シードのダニール・メドベデフ(ロシア)と対戦する。メドベデフは準々決勝で、2016年覇者で第23シードのワウリンカを7-6(6) 6-3 3-6 6-1で下しての勝ち上がり。

NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 03: Roger Federer of Switzerland meets Grigor Dimitrov of Bulgaria after losing during his Men's Singles quarterfinal match on day nine of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 03, 2019 in the Queens borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)

最終更新:9/4(水) 14:01
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事