ここから本文です

伝説の鬼が集結!? 新潟県燕市で「第15回越後くがみ山酒呑童子行列」開催

9/4(水) 14:46配信

ウォーカープラス

日本三大妖怪、その中でも最強とうたわれる「酒呑童子」の誕生伝説が残る燕市で、「第15回越後くがみ山酒呑童子行列」が9月29日(日)に道の駅国上、酒呑童子神社などで開催される。

【写真を見る】酒呑童子が様々な鬼を引き連れて町を歩く

「山酒呑童子行列」は、最強の鬼である酒呑童子にあやかり、所願成就を祈るイベント。毎年、総勢200名の参加者が鬼などの仮装をして酒呑童子に率いられ大行列を作る。

登場する鬼にはそれぞれの特徴があり、「酒呑童子」は「所願成就・大願成就」、赤鬼は「家庭円満・恋愛成就」、青鬼は「学業成就・健康繁栄」、黄鬼は「金運向上・商売繁盛・勝利祈願」などの御利益がある。

国上山の麓で行われる年に一度の鬼の集いは、鬼の大行列に参加すると願いが叶い、会場で様々な鬼たちと出会うだけでもその御利益を授かると言われている。

道の駅国上や燕市観光協会では、漫画家・永井豪の書き下ろしイラストと、書家・金澤翔子の揮毫題字を使用したオリジナルデザインによる公式グッズも販売。令和最初の世にも不思議な鬼の集いに参加して、大切な願いを成就させよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

最終更新:9/4(水) 14:46
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事