ここから本文です

野村克也が語る「二番打者」

9/5(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

“瞬間湯沸かし器”は性格だから仕方ない

阪急で一番・福本とコンビを組んでいた大熊は理想的な二番だ/写真=BBM

 ちょうど前号の原稿を考えていたとき、DeNAがパットンの処分を発表した。だが誌面の関係で、書きそびれてしまった。

 パットンは8月3日の巨人戦(横浜)、2点リードの8回に登板しながら3連打を浴び、たちまち同点にされた。一死も取れずに降板後、ベンチ内の冷蔵庫を殴打し、利き手小指を骨折。アメリカに帰国して整復手術を受け、再来日した。そのパットンに対し、横浜は罰金500万円と、リハビリ期間中、球団が主催する子ども向けの野球振興活動に参加することを課した。

 今季の復帰は絶望的。本人は「CSまでに間に合わせたい」と言っているそうだが、21年ぶりのリーグ優勝を目指すチームに、水を差してしまったのは間違いない。

 こういう“瞬間湯沸かし器”みたいな選手は、いつの時代にもいるものだ。私の現役時代で言えば、スタンカ(元南海ほか)がそうだった。ふだんは物静かな、ジェントルマン。だがマウンドに上がると、とたんに人が変わってしまう。このページでも以前書いた、1961年の巨人との日本シリーズ第4戦(後楽園)。自信を持って投げ込んだ渾身のシンカーが「ボール」と判定され、スタンカは激怒した。次のプレーで外野からの返球を待つ私(捕手)のバックアップに来る途中、どさくさに紛れて円城寺満球審を跳ね飛ばしてしまったのだ。「円城寺 あれがボールか 秋の空」の句で有名な、あのシーンである。

 南海で60年代、控え捕手だった渡会純男も、相当な瞬間湯沸かし器。ある日、右手に包帯を巻いているので「どうしたんだ?」と聞くと・・・ 本文:1,973文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/5(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る