ここから本文です

食・芸術・音楽・ダンスなどトルコの魅力が、東京・代々木公園に集結

9/5(木) 10:30配信

旅行読売

 第1回「トルコフェスティバル」が9月7日と8日、東京都渋谷区の代々木公園イベント広場で開かれる。
 ステージでは、オスマン・トルコ時代の軍楽隊「メフテル」が演奏、トルコ共和国・国立オペラバレエ団が華麗な踊りを披露する。
 また、2日目の8日14時40分からは、東京・麻布十番にあるオスマン宮廷レストラン「ブルガズアダ」のオーナーシェフ、メフメット・ディキメン氏のトークショーを行う。トルコ料理が、世界三大料理の一つとされる理由やその特徴、トルコの豊かな食文化について語る。

 広場の出店では、薄焼きミートピザのラフマジュン、ケバブ肉にトマトソース、ヨーグルトの相性が抜群な「イスケンデル・ケバブ」、トルコ風水餃子「マントゥ」などを味わうことができる。シロップ漬けのパイ「バクラヴァ」は甘い、トルコ伝統のデザートだ。
 また、トルコの伝統文化を体験できる各種ワークショップも開催される。マーブリング手法による伝統美術「エブル」、伝統的なレース編み「オヤ」、イスラム書道「ハット」などだ。
 物販ブースでは、モザイクランプや絵皿、アクセサリーなどが勢ぞろいする。トルコ観光は、日本人海外旅行者の間で根強い人気で、旅心を誘われるフェスティバルともなりそうだ。
 詳細はトルコフェスティバル2019実行委員会事務局(電話03・6452・9258)へ。

最終更新:9/5(木) 10:30
旅行読売

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事