ここから本文です

EV時代の到来に向けて「脱エンジン」を宣言

9/5(木) 12:28配信

WIRED.jp

自動車業界が電気自動車(EV)に傾倒していくなか、象徴的な発表をしたある企業のことを多くの人は知らないかもしれない。だが、その企業の製品は、人々の日々の移動や外出を支え続けているのだ。

「EVの時代」をいち早く体験したければ、ノルウェーへ

その企業とは、自動車部品サプライヤーのコンチネンタルである。このほど同社は内燃機関によるエンジンに関連する予算を削減し、今後は資金の投入をEV部門に集中していくことを明らかにした。EVこそがクルマの“未来”であると、同社は考えているからだ。

米自動車業界紙『Automotive News』が発表した18年度の調査によると、コンチネンタルは359億ドル(約3兆7,810億円)の年間売上高を記録し、世界4位に入っている。つまり、業界大手の自動車部品サプライヤーなのである。

コンチネンタルが収益の70パーセント以上を得ている欧州とアジアは、いずれも規制当局によって炭素排出量の削減に向けた取り組みが特に盛んに進められている地域だ。このうちフランスと英国、オランダの3カ国はガソリン車とディーゼル車の販売を今後数十年のうちに禁止する方針を発表している。また中国は、国内におけるEV以外の車両販売台数を厳しく制限している。

こうした動きを受けて、フォルクスワーゲン(VW)やダイムラー、BMW、さらには米大手のフォードやゼネラルモーターズ(GM)といった自動車メーカーは、数十種ものEVやハイブリッド車の新モデルを投入する計画を打ち出している。

“ケーキ”から“カップケーキ”へ

そしていま、コンチネンタルもEVへと軸足を移すことで、こうした流れに対応しようとしている。ドイツのハノーヴァーを本拠地とする同社は、燃料噴射装置や燃料ポンプといったエンジン車にのみ必要とされる部品については、生産をこれ以上拡大しない方針だ。その代わりに、EV用の部品の生産に予算を振り向けるという。

「間違いなくEVの時代が到来するでしょう。わたしたちはそう確信しているのです」と、コンチネンタルの車両部門を率いるアンドレアス・ウルフは述べている。プレスリリースには、今後「数年」をかけてEVに軸足を移していくという説明もあった。事業戦略に沿ってどのように移行していくのか、同社は主な従業員を対象に説明を続けていくという。

「賢くてスマートとも言える動きですが、想定の範囲内でした」と、自動車関連の情報サーヴィスであるケリー・ブルー・ブックのエグゼクティヴ・エディター、マイケル・ハーレイは指摘する。「誰だってポラロイドの二の舞は避けたいはずですから」

米国の新車販売総数に占めるEVの割合がいまだに約2パーセントにとどまっている現状を考えると、EVが消費者に大歓迎されているとは言えないだろう。それでも気候変動を食い止めるにはクリーンなクルマの普及が必要だと、世界各国の規制当局は訴えている。こうした主張を自動車メーカー各社が受け入れた格好だ。

コンチネンタルは、さほど思い切った行動に出たわけではない。従来型の自動車部品を扱う市場からいますぐ撤退する意向はないし、EVの部品についても実際のところはすでに量産に着手していたのである。要するに、最新の大きな市場機会での利益獲得に狙いを移しただけだ。「手がけるものが普通のケーキから流行のカップケーキに変わるようなものです」と、ハーレイは言う。

1/2ページ

最終更新:9/5(木) 12:28
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事