ここから本文です

養女への性的虐待容疑で非難集中のウディ・アレンをスカヨハが擁護「彼を信じる」

9/5(木) 18:57配信

Rolling Stone Japan

元パートナーの養女への性的虐待容疑で非難を浴びているウディ・アレン。「Me Too」運動の影響もありハリウッド業界全体で物議を醸しているが、今まで多くの作品を共にしてきたスカーレット・ヨハンソンは最新インタビューで、「彼が無実を主張しているから、私は彼を信じる」とウディ・アレンを擁護した。

大勢のハリウッド関係者とは対照的に、スカーレット・ヨハンソンはウディ・アレンを弁護するため声を挙げた。『マッチポイント』、『タロットカード殺人事件』、『それでも恋するバルセロナ』などのアレン監督作品に主演したヨハンソンは、エンターテイメントニュース専門の米ハリウッド・レポーター誌のインタビューで監督と喜んでまた仕事をするだろう、と述べた。「ウディが大好き」とヨハンソンは言った。「私は彼を信じているから、いつでも仕事をするつもりよ」。

1992年に元パートナーのミア・ファローの養女スン=イー・プレヴィンとの交際が報じられ、もうひとりの養女ディラン・ファローに対してみだらな行為をした疑いでファローがアレンを告発して以来、アレンはスキャンダラスな人物として物議を醸しつづけてきた。ディラン・ファロー自身も2014年のニューヨーク・タイムズ紙の論説ページにアレンを告発する内容の記事を投稿し、エレン・ペイジ、マイケル・ケイン、エヴァン・レイチェル・ウッドなどの俳優がアレンの作品に出演したことに対して謝罪する事態にまで発展した。その一方、ヨハンソンはアレンを弁護する姿勢を決して崩さなかった。

「時間がある時は、いつでもウディに会うようにしてる。それに、彼と話したいこともたくさんあるから」とヨハンソンは述べた。「私はウディに対して率直な態度で接してるし、彼もそうしてくれる……でも人々の怒りを買った時にそれがどれだけ難しいかもわかる。いろんなことが引っかき回された結果、人々が熱い気持ち、強い感情、怒りを覚えるのも当然よね。だから、いまは張り詰めた時期なの」。

つい最近、Amazon Studioはアレンの49作目となる『ア・レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』の公開を見送ったばかりだ。ティモシー・シャラメ主演の同作は、ヨーロッパでは今後公開される予定だ。アレンは「25年前の根拠のない告発」のせいで契約を一方的に打ち切られた、とAmazonに対して6800万ドル(およそ72億円)の支払いを求める裁判を起こした。

1/2ページ

最終更新:9/5(木) 18:57
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい