ここから本文です

韓国がでっち上げる「日本食品の放射能汚染」 五輪選手村の食事にも難癖

9/5(木) 8:00配信

デイリー新潮

 文在寅政権の暴走はいまに始まったことではないが、ここにきて、見境のないあおり運転も始めたからタチが悪い。最近、悪質なあおり運転で逮捕された容疑者は、フラストレーションを制御せず、むしろ膨張させて善良な運転手にぶつけていた。文政権の言いがかりも似たようなものだが、長く風評と戦ってきた弱者を狙い撃ちにするという点で、頻発するあおり運転よりもはるかに悪質である。

「8月に入ったころから、中国メディアが“韓国の東京五輪代表団は、日本の食品は放射性物質に汚染されている恐れがあるので、東京に自前の食材を持っていくことを検討している”と報じましてね」

 と、韓国問題を取材している記者は言う。

「東京五輪は震災からの復興五輪でもあります。だから聖火リレーは福島が起点で、野球等の競技も福島で行われますが、韓国に言わせれば“福島の食材はまったく安心できない”のだそうです。案の定、8月20日に都内で始まった選手団団長セミナーで、韓国の五輪委員会代表が、福島を名指しにして食材の安全性への懸念を示しました。しかも、韓国側は事前に日本の組織委員会宛てに、選手村の食材ばかりか建築木材までが放射能に汚染されているのではないか、という懸念を通知していたのです」

 そのうえ、パンチを浴びせかけるあおり運転の容疑者さながらに、韓国は畳みかけてきたのである。

「団長セミナーの翌日の8月21日、韓国は日本産の農水産物や加工食品17品目について、23日から放射性物質の検査回数と検査するサンプル量を、これまでの2倍に強化すると発表したのです。ブルーベリーやお茶、インスタントコーヒーなどで、韓国は“輸入品の放射能汚染に対して、国民の不安が高まっている”と説明します。その前から韓国は、福島や宮城など8県の水産物を全面禁輸にしたままですが、食品などの放射能汚染がほぼ解消されたこの時期に、あえて汚染を声高に訴えるところに、悪質な意図を感じます」(同)

1/2ページ

最終更新:9/5(木) 8:00
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事