ここから本文です

パ・リーグ最終盤を勝ち抜くために必要なこととは?【伊原春樹の「野球の真髄」】

9/6(金) 18:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

ソフトバンクのエース・千賀滉大が西武との天王山初戦で負け投手に。首位攻防戦終了時のゲーム差は1に縮まったが、9月はまさに熱パとなる/写真=桜井ひとし

 残り試合も20試合を切ったシーズン最終盤でパ・リーグの戦いが激しさを増している。8月30日からはソフトバンクと西武がメットライフドームで首位攻防戦を繰り広げた。結果は2位・西武が2勝1敗と勝ち越し、首位・ソフトバンクとのゲーム差を1に縮めた。まさに熱パ到来だ。

 果たして、この先にどのような結果が待ち受けているのか。9月11、12日には再び両者の直接対決があるが、そこまでに勝利を取りこぼさないような戦いが必要になる。そもそも、ここまで混戦になってしまったのも、ソフトバンクがZOZOマリンで行われた8月23日からのロッテ3連戦で勝利を挙げられなかったことにある。これで今季、ソフトバンクはロッテに対して6勝15敗、ZOZOマリンでは2勝10敗と相性の悪さがそのまま出てしまったが、これは痛かった。

 下位チームに“お得意様”となっているようでは、そう簡単に栄冠はつかめない。逆に優勝するチームは“お得意様”を作るものだ。しかし、今季に限ってはそううまくはいかないことも分かる。8月25日現在で3位・楽天から6位・オリックスまでも3ゲーム差内でひしめき合っていたのだ。クライマックスシリーズ(CS)進出権を得られる3位を最下位のオリックスもまだ視界に入っていた。だから、どのチームも・・・ 本文:1,319文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/6(金) 18:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る