ここから本文です

キャサリン妃も同行! シャーロット王女が初登校

9/6(金) 12:12配信

25ansオンライン

シャーロット王女も気づけばもう4歳、そしてナーサリーからお兄ちゃまと同じ学校へ入学です!
ちょうど2年前、ここトーマスズ・バタシー校で同様の初日を迎えられたジョージ王子のお側にはウィリアム王子おひとり。キャサリン妃は、ルイ王子を妊娠中で、重いつわりでどうしても同行出来ず、でした。
この日はキャサリン妃にとっても待ちに待った日!でしょう。

【写真】シャーロット王女の成長アルバム

もう2年も通学と、学校自体には慣れっこのジョージ王子に対し、ちょっぴりシャイなシャーロット王女が新鮮です。それだけ、また成長された証し。
でも、やはりやるときはやります!きちんと校長先生と握手。その際、先生の目をしっかり見つめていらっしゃるシャーロット王女に、”冷静にお相手判断”感すら(笑)。なにせ、海外ツアーで大人慣れもされてますしね。加えて、そもそもしっかり者のプリンセスです。

でもその後、さすがに緊張の色も?ポニーテールの髪を揺らしてはなんだか落ち着かないご様子も。
そりゃあそうです。まだ4歳、しかも記者たちも少なからずいて、なぜか意味不明にそこを通らなきゃいけないわけですからね。
2年前のジョージ王子は、あきらかにもっと緊張。終始シリアスなお顔でした。
それが今では、お兄ちゃまの余裕の握手。さすが、握手慣れされたプリンス然! 素敵です。

おふたりのお顔も、また変化が見られますね。特にシャーロット王女!またまたと~ってもウィリアム王子似。と思いきや、SNS上では「エリザベス女王に瓜二つ!!!」「まるで女王のドッペルゲンガー」と言った人も。
確かに、同年の女王と王女を比べると似ています。

そしてやはり、予想通り、ユニフォーム姿も超ラブリー。
お兄ちゃまは、Vのニットですが、シャーロット王女は、クルーネックカーディガン。なかにはネイビーのジャンパースカートをお召しのようですね。その下には白いブラウス、そして白のソックスに黒のメリージェーン。メリージェーンの靴は、愛用ブランドのアマイア・キッズ!
いわば、いつものシャーロット王女スタイルでもありますが、ネイビーに赤ライン入りというトラッドな配色が英国プリンセスらしく、気品すら感じます。

私が注目していた点、「キャサリン妃らしい」と思ったのは、シャーロット王女の制服のサイズ選び。
さすがにジャストではないにしろ、いかに大きそうに見えないかを考えられています。
普通ならもっと大きなサイズで、なるべく買い替えを避けるでしょう。シャーロット王女は極めて、ちょうどに近いサイズ感です。
カーディガンの丈は、ほぼウエスト位置で、スカートも膝丈。そう、キャサリン妃スタイルと同じバランス!
おそらくジャストよりも1サイズアップ位?入学初日に、ここまでのぴったりサイズを着せるということこそ、良くも悪くも”真の贅沢”というもの!

そしてもうひとつ!
ママ・キャサリン妃が、持っていらっしゃる娘シャーロット王女のバッグのサイドに、ユニコーンのキーリングがチラリ!
先日の、ご一家揃ってのポロ観戦の時にも遊びながらもシャーロット王女の手に、ユニコーンのお財布が! 同じものではないようなので、きっと新しく買ってもらったお気に入りなのでしょう。
確かこの学校では、初年度の生徒たちには、「何か好きなもの(落ち着くもの)を持参してもよい」というルールがあったはず。

どうやらここ数年英国では、ユニコーンが子供たちの間で超ブームなのだとか。
スクールにバッグにつけられたピンクのスパンコールのユニコーンがきっかけで、お友だちが出来たのかもしれませんね。

一方、この晴れの日に、キャサリン妃が選ばれたママ・ファッションは、赤系のプリントドレス。
カーネーション柄のマルチカラーのプリントが華やかで夏らしさも漂い、とにかく全身からおめでたい雰囲気が感じられます。
実はこのドレス、ニューアイテムではなく着回し。
昨年の、メーガン妃&ハリー王子の結婚式リハーサルの際にお召しになっていたものでした。晴れの日にも、着回しのドレスで出席されるところがキャサリン妃らしいですね。
もしくは、ここのところのムードを考慮して、節約感をアピールかも?
ピアスはご愛用のアスプレイでオークの葉のモチーフ。靴はプラダのスエードと、全身着回しスタイルでございました。

髪も、明るさはそのままですが、長さは少し短くされたようですね。夏休みも終了、いよいよ秋の公務復帰に向けて始動ということでしょう。

その節目となるのもやはりこの日、お子さまたちのスクール・スタート。
先生とご挨拶をする娘を、温かく娘を見つめていらしたウィリアム王子の父としての大きなお姿も印象的でしたが、「学校が始まることを、とても興奮していました」と、娘の気持ちを代弁されていました。

”シャーロット・ケンブリッジ”(王女)の新たな生活が始まりました。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:9/6(金) 12:12
25ansオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事