ここから本文です

フェイスブックの「Libra」は仮想通貨なのか? 基礎から理解するための「5つのQ&A」

9/6(金) 8:11配信

WIRED.jp

フェイスブックが2019年6月18日に発表した「Libra(リブラ)」について、同社は仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)だと主張している。だが、一部の人々はリブラをそう呼ぶことに反対している。

【動画】「Libra」は仮想通貨なのか?

フェイスブックの構想によると、リブラは銀行口座がないなどの理由で金融サーヴィスを受けられない人のための、世界的な通貨になるという。つまり、リブラは送金や品物の購入に使えるデジタル通貨なのだ。

フェイスブックの最高経営責任者(CEO)であるマーク・ザッカーバーグは、このサーヴィスをシリコンヴァレーの大物たちとともに準備している。リブラの運営母体は、スイスを拠点とする「Libra Association(リブラ・アソシエーション)」だ。ここにはフェイスブックの子会社カリブラ(Calibra)のほか、Uberやペイパル、マスターカード、VISA、スポティファイなど、テクノロジーや金融の分野の有名企業28社が名を連ねている。

1. リブラの仕組みは?

リブラのホワイトペーパーによると、運用はブロックチェーンを基盤としているという。この仕組みは一部で議論の的になっているので、ここで手短に概略を説明しよう。

ブロックチェーンは仮想通貨決済のためのインフラであり、所定の仮想通貨でなされたすべての決済を記録する変更不能なデジタル台帳だ。ここで重要なことは、ブロックチェーンが中央集権型ではなく、分散型という点である。ブロックチェーン上の取引は単一の管理者や中央銀行ではなく、無数の独立したコンピューターによって実行・検証される。このような独立したコンピューターを「ノード」という。

この分散型構造が、セキュリティ向上のために採用されている。分散型ゆえ、仮に誰かがひとつの組織をハッキングしても意味がないからだ。さらに、中央当局の脅しなどによって取引を阻害することもできない。ブロックチェーンは非常に自由主義的かつ反国家的、反銀行的なツールなのである。最初のブロックチェーンが、最初の仮想通貨であるビットコインを支える技術として開発されたものであることは、言うまでもないだろう。

1/3ページ

最終更新:9/6(金) 8:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事