ここから本文です

中国を為替操作国に認定、一段とドル安志向に まさかの米国為替介入に備えよ

9/6(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2019年9月14日号> 米国は8月5日に中国を為替操作国に認定した。これは、トランプ大統領がドル安志向を一段と強めたことを意味する。トランプ大統領は、貿易相手国が不当に通貨を切り下げた結果、ドルが歴史的な高水準にまで押し上げられ、これが米国に巨額の貿易赤字をもたらしていると信じている。 本文:1,373文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

木内 登英 :野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト

最終更新:9/6(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る