ここから本文です

『日本近現代史講義』ほか 『移民とAIは日本を変えるか』

9/6(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

人手不足は緩和されるが、所得二極化をどう防ぐか評者・BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎
<2019年9月14日号> 人手不足は緩和されるが、所得二極化をどう防ぐか
評者・BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎
先進国では、AIなどの新技術や移民への政治的反発が強い。職を奪われるとの懸念からだ。例外は人手不足が最大の問題である日本。むしろ歓迎ムードが強く、事実上の移民解禁となる特定技能制度への反対もそれほど大きくなかった。

移民やAIは日本経済の救世主となるか。それとも職を奪う大きな脅威となるのか。生産年齢人口の減少が金融政策の有効性を損なってきたと考える、中央銀行論の第一人者が日本社会の来るべき変容を論じた興味深い1冊だ。頭の整理に大いに役立つ。 本文:3,740文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:9/6(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る