ここから本文です

ナダルがドヤ顔 離れた的を正確に命中“超精密な一打”に称賛の嵐「正確さ100点」

9/6(金) 12:01配信

THE ANSWER

スタンド上段の放送席を正確過ぎるショットで直撃

 テニスの4大大会最終戦・全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス準々決勝で世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が6-4、7-5、6-2のストレートで同21位ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を下し、4強入りした。大会公式が脚光を浴びせているのは、“コート外”でのスーパーショットだ。スタンドの上段にある放送席を狙いすましショット。見事に直撃させるシーンを動画で公開すると、ファンの大反響を呼んでいる。

【動画】思わず“ドヤポーズ” 遠く離れた的に見事に的中させる、ナダルの超精密なスーパーショットの実際の映像

 こんな妙技をさらりとやってのけるあたりが、スーパースターたる所以だ。4強進出を決めたナダル。試合でも鬼神のごとき強さを見せつけたのだが、試合後にもまた観るものを驚かせた。

 コート上のナダルはスタンド方向を向き直ると、アンダーサーブの要領でショットを繰り出した。狙いはスタンドの上部にある放送席。小さなボックス型の席だったが、見事に命中させたのだ。

 数10メートル先の的を見事に射止め、ナダル自身も指さしながら“ドヤポーズ”。一部始終を大会公式インスタグラムは「賭けるよ、放送席に当てることはできない」と題した動画で公開。文面とは真逆の、見事なスーパーショットに海外ファンからは喝さいがあがっている。

ナダルのサービス精神にも喝采「ユーモアのセンスが大好き!」

「ハハ、最高だ!」
「どうしたら彼を愛さずにいられるか?」
「ユーモアのセンスが大好き!」
「なんて選手だ」
「正確さ100点」
「アメージング」
「大好き!」
「なんてこった!」
「パーフェクト」

 準決勝では世界ランク25位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦する。23歳を前に貫録を見せられるのか、注目が集まっている。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/6(金) 12:01
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事