ここから本文です

トラックはなぜ踏切へ?京急事故、直前の様子

9/6(金) 11:40配信

東洋経済オンライン

 9月5日、横浜市神奈川区の京急本線神奈川新町第1踏切で電車がトラックと衝突して脱線し、トラック運転手が死亡、乗客ら33人が重軽傷を負った事故。その直前の様子が、京急電鉄など関係者の話から少しずつわかってきた。

■何度も切り返し踏切へ

 横浜方面に向けて青砥発三崎口行きの下り快特列車(8両編成)が進行中、トラックは列車とは反対に、東京方面へ向かって線路に並行する側道を走っていた。トラックは荷台の架装が左右に開くウイングタイプで全幅2.4m、積載量13t(総重量25t)、通常より長い全長13mのロングボディだった。

 トラックを運転していた67歳の男性は、当初は踏切とは反対に左折しようとしていたという目撃情報もあるが、結果的には右折して踏切への進入を試みた。

 京急が公表するのはここからだ。側道は幅が狭く、大きなトラックは1回では曲がりきれない。なんとか踏切に進入しようと、約4分間にわたって前後に切り返し、車体の方向を変えようとした。断続的に踏切警報機のカンカンという音が鳴り響く中で、遮断機のバーが下がったところで停車、バーが上がったら再び動き始めるという運転操作を3回繰り返した後、運転席の部分だけを踏切に突っ込んだ。

 踏切を渡り切るまでの長さは19.4mある。「(運転手が)どういう心理かわからない」(京急)が、トラックは遮断機が荷台に当たって下がりきらない状態にも関わらず進み続け、遮断機をくぐり抜けるようにして踏切内にすっぽりと車体全体が入ってしまった。その間は20秒以上あった。

 踏切事故の中には、踏切に進入したものの前方の車に妨げられて前進できないまま列車と衝突するケースがあるが、今回はトラックが何度か切り返しを繰り返したため、他の車がトラックの前に出ようとしても出られず、踏切の先は空いていたという。さらに前進して遮断機を折ってでも踏切の外に出ていれば、最悪の結果は免れた可能性は残る。

1/2ページ

最終更新:9/6(金) 12:06
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事