ここから本文です

横浜カジノ誘致に市民の7割が反対 韓国カジノ社長も「絶対止めた方がいい!」

9/6(金) 11:01配信

デイリー新潮

「(横浜)市内の宿泊客は他の自治体より少なく、将来に強い危機感がある。横浜の飛躍にはIRが必要だ」

【写真】カジノで「106億円」失った男

 8月22日、横浜市の林文子市長が、カジノを含む総合型リゾート施設(IR)の誘致に乗り出すと正式に表明した。林市長は2年前の市長選での公約に、カジノ誘致は「市民の意見を踏まえた上で方向性を決定する」と明記して再選した経緯があり、この日、治安悪化などを懸念する反対派の市民約40人が市長室前に駆け付ける一幕もあった。

 そんな中、31日に「自由民権会議@神奈川(民権かながわ)」が、横浜情報文化センターで『横浜港の未来に向けて』というテーマの講演会を開催。民権かながわは、会長が元大蔵大臣の藤井裕久氏、幹事に江田憲司衆議院議員、阿部知子衆議院議員が名を連ねる市民運動体で、今後、カジノ反対の運動を展開することを表明した。講師は、カジノ反対派の藤木幸夫横浜港運協会会長だった。

 講演会に先だって、民権かながわは総会で『緊急アピール』を提示した。その一部を抜粋すると、

〈最大の問題はカジノです。カジノは賭博、博打、ギャンブルです。二年前の市長選、その秋の衆院選挙時の世論調査でも、7割近くの横浜市民が反対しています。ギャンブル依存症、治安や風紀の乱れ、マネーロンダリング、反社会的勢力の助長等、生活崩壊や地域破壊に結びつくカジノは、横浜に必要ありません。市長は、カジノ(IR)の経済効果を説明するばかりで、こうした負の側面にかかるマイナスのコストについては何ら言及がありませんでした。私たちは以上の理由から、横浜港、山下ふ頭へのカジノ誘致には断固反対します〉

“ハマのドン”という異名を持つ藤木氏は、横浜エフエム代表取締役社長、横浜スタジアム取締役会長、藤木企業代表取締役会長、横浜港ハーバーリゾート協会会長の肩書を持ち、横浜では発言力のある人物。

 藤木氏の講演の前に、藤井会長が挨拶した。

「40年お付き合いをしているんです、藤木さんとは。(中略)物事を、けじめをつけてしっかりやられる方です。どうぞ横浜の港の話を聞いてあげてください。プラスαがあるようですから」

 その後、大きな拍手を受けながらマイクを握った藤木氏は、横浜港の歴史について滔々と語り始めた。

「横浜の港というのはね、決して日本の港という風に世界は理解していないのです。アジアの港。その代表港が横浜というのが定着していました。(中略)上海から出た船、天津から出た船、香港から太平洋へ出た船は、嵐にあうと沈没しました。揺れると荷物が倒れ、片方へウエイトが行って転覆するのです。ところが横浜から出た船は、沈んだ例がひとつもない。船荷をワイヤーできっちり縛っているから、いくら揺れても壊れない。45度船が傾いても崩れない。(中略)それでサンフランシスコ、シアトル、ロス、バンクーバへ向かう船は、横浜をラストポートにしたのです」

 講演時間は60分だったが、藤木氏は横浜港にまつわるエピソードを紹介するだけで、残り時間が10分を切っても、プラスαの話が出てこない。だが、最後に、

「依存症をつくらない、最大の依存症の防御は何だと言ったら、カジノをつくらないことですよ」

 と発言。大拍手が起こった。

「(カジノを)つくるから(依存症に)なるんです。私は法律なんか知らないが、私は命がけでやります。だからどなたも誘っていません。今日この会に来られたみなさんにもお願いしません。1人でやります。その代わり、死ぬときは1人で死にます」

1/2ページ

最終更新:9/6(金) 17:11
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事