ここから本文です

【不振のワゴンでなぜ孤軍奮闘??】 レヴォーグだけが独り勝ちする理由

9/8(日) 10:00配信

ベストカーWeb

 クルマのカテゴリーにワゴン(ステーションワゴン)がある。

 その人気は、蝉の一生に例えられるだろう。誕生から長い期間を経て、ようやく人気カテゴリーになれたが、ブームは短期間で終了した。

【写真】歴代全てのレガシィワゴン&レヴォーグを見る!

 近年、ワゴン人気が低迷するなか、特に3ナンバーのステーションワゴンは壊滅的な状態になっている。そうしたなか孤軍奮闘ぶりが光るのがスバル レヴォーグだ。

 マツダ6やアウトバックが月販売台数200~300台と低迷するなか、レヴォーグのみがミドルクラス以上で唯一コンスタントに1000台以上の販売台数をキープ。

 多くのワゴンが消滅し、また苦戦するなか、なぜレヴォーグは人々の心を捉えているのか? ワゴンの隆盛とレヴォーグの人気の秘密に迫る。

レガシィが火付け役! プリウス並みだったワゴン絶頂期の人気

 ワゴンの流れを振り返ると、最初の国産ワゴンは、1950年に発売された日産ダットサンDW-2型であった。以後、2代目マツダ ルーチェ(1972年登場)やクラウンやセドリック&グロリアもワゴンを用意した。

 しかしワゴンは、人気のカテゴリーになれなかった。大半のワゴンには、同じボディを使った商用車(通称ライトバン)があり、「貨物車の派生型」と見られたからだ。

 ワゴンが下積みの時代を終えて日の目を見たのは、1990年代に入ってからだ。

 1989年に発売された初代レガシィツーリングワゴンがヒットして、1992年に登場した初代カルディナも好調に売れた。

 驚いたのは初代カルディナの売れ方だ。1992年に発売されながら3年後の1995年に登録台数が急増。

 1995年3月には1万3708台を登録して(2019年3月のプリウスに迫る台数だ)、対前年比は164.5%に達した。発売から3年を経たカルディナが、前年の1.6倍も売れたのだから、ワゴンブームにほかならない。

 1990年代にワゴンがブームになった理由は、まずセダンやクーペの新鮮味が薄れて飽きられ始めたからだ。同時に1990年代には、欧州製の輸入ワゴンが注目され、ワゴンカテゴリーのイメージも変わった。

 ライトバンの車種数は減り、商用車はハイエースやタウン/ライトエースバンのようなワンボックスタイプに移っていく。ワゴンはダットサンDW-2型の登場から40年以上を経て、ようやく注目された。

1/3ページ

最終更新:9/8(日) 10:00
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事