ここから本文です

【DEEP】TKO勝ちの大塚隆史、RIZINバンタム級四天王に宣戦布告「俺が全員ブッ倒してやるよ」

9/8(日) 20:49配信

ゴング格闘技

「DEEP 91 IMPACT」
2019年9月8日(日)東京・竹芝ニューピアホール

【写真】肩の痛みを訴える白川

▼第14試合 メインイベント DEEPバンタム級 5分3R
〇大塚隆史(61.7kg/T GRIP TOKYO/元DEEPバンタム級・フェザー級王者、元WSOF GCバンタム級王者)
[1R 0分26秒 TKO]
×白川“Dark”陸斗(61.7kg/志道場)
※大塚は公開計量会場に間に合わず、15時30分までに計量の規定で、14時50分に61.7kgでパス。

大塚は2017年にRIZINバンタム級トーナメントでアンソニー・バーチャック、カリッド・タハに勝利も、準決勝で石渡伸太郎に判定負け。2018年3月にDEEPバンタム級王座を返上すると、8月にはビクター・ヘンリーにもKO負けし、5年ぶりの連敗を喫した。2018年12月の赤尾セイジ戦で強いレスリング力を発揮し判定勝利で復活するも、2019年5月の前戦でPXCバンタム級王者トレヴィン・ジョーンズにリアネイキドチョークで一本負け。今回が再起戦となる。

対する白川は、激戦のDEEPバンタム級戦線で2018年12月に強豪の北田俊亮、2019年6月に石司晃一を判定で下し勢いに乗る大阪のストライカー。東京での出稽古ではHEARTSやアライアンスで朝倉兄弟らとも練習を重ねており、自信と実力を深めている。2019年4月にはDEEP大阪大会で釜谷真に逆転のリアネイキドチョークで一本負けを喫したが、2R終了間際には釜谷をTKO寸前まで追い込んでおり、相手の組みを切って当てる打撃は、対戦相手をことごとく窮地に陥れている。MMAレスリングの強い大塚の組みをいかに切り、チャンスの時間を作るか、注目だ。

大塚は自身のSNSで「試合は楽しまない。叩き潰す」と予告。白川は「こう言う選手を超えていかんと先に進めない。まぁ当たり前のように超えるけどな」と大塚を倒して先に進むと言い放っている。

いきなり左右のパンチと右の蹴りで詰める白川にシングルレッグテイクダウンは大塚。金網で上半身を立てる白川だが右肩が上がらず。試合続行不可能の意思表示。

大塚は試合後、ケージのなかで「衝突で外れたかもしれないけど、僕もこの試合のためにハードな練習を積んできたけど、アクシデントで納得はできないので、もう一度やりたいですね。そのくらい白川選手は強いと思っています。タイミング合えば」と再戦をリクエスト。

さらに、「あと、RIZINが“バンタム級四天王”とか勝手につけてるけど、俺忘れんじゃねえぞと。俺が全員ブッ倒してやるよ」と、石渡伸太郎、扇久保博正、元谷友貴、佐々木憂流迦に宣戦布告した。

最終更新:9/9(月) 19:40
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事