ここから本文です

【DEEP】古瀬美月がパンチのラッシュで初回TKO勝ち

9/8(日) 21:02配信

ゴング格闘技

「DEEP 91 IMPACT」
2019年9月8日(日)東京・竹芝ニューピアホール

【写真】古瀬は渾身のガッツポーズ

▼第7試合 DEEP JEWELS 49.0kg契約 5分2R
○古瀬美月(49.0kg/Y&K MMA ACADEMY)
[1R 4分28秒 TKO]
×坂本美香(48.55kg/Fight HOLIC)

古瀬は2018年12月の『格闘代理戦争』決勝で平田樹に一本負けし、ONE Championshipとの契約を逃したが、2019年5月にRISEでも活躍する樋田智子を相手に判定勝利。2019年6月「DEEP JEWELS 24」で佐藤絵実の欠場を受けて急きょ、古豪・富松恵美と49kg契約で対戦しキムラロックで敗れていた。古瀬は最軽量級のミクロ級(-44.0kg)戦線も視野に入れる。

坂本は「DEEP JEWELSアマチュア大会」に連続出場。2018年9月の第1回大会でにっせーにTKO負けも2019年6月の第2回大会ではKrazy beeのTAMAMIにスプリット判定で勝利し、プロデビューを決めた。

サウスポー構えの古瀬にオーソドックス構えの坂本。左ローを当てる古瀬はミドルと打ち分け。左右ワンツーを連打。さらに後ろ廻し蹴りも。詰める古瀬は左ボディストレートも坂本も打ち合いに応じる。左インローを当てた古瀬は一気に左右で詰めると坂本が後退。顔を背けて防戦一方となった坂本にレフェリーが間に入った。

古瀬はケージのなかで「応援ありがとうございました。練習とかしんどくてダメな方に傾くこともありましたけど、自分の勝利を喜んでくれる人がいたら頑張れます。私の目標はRIZINです。まだまだだとわかっています。RIZINの関係者の方、古瀬美月っていう名前だけでも憶えてくれないでしょうか。よろしくお願いします」と挨拶した。

最終更新:9/8(日) 21:02
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事