ここから本文です

「松井」「由伸」のW解説でショックを受けた日テレ、巨人戦中継を絶対止められないワケ

9/8(日) 11:01配信

デイリー新潮

視聴者の「巨人離れ」は加速中

 ビデオリサーチの公式サイトに「プロ野球高世帯視聴率番組」というコーナーがある。そこには1977年9月以降、テレビのプロ野球中継において、最も視聴率を稼いだ10試合が掲載されている。 ***

 セリーグのベスト10を見てみると、1試合を除き、あとは全て巨人戦だ。ちなみに1位は1994年10月8日の中日・巨人戦で、視聴率は48.8%を記録した。(註:率は関東地区、以下同)

「勝率が同率首位で並んだ巨人と中日による直接対決にして最終戦」で、文字通りの優勝決定戦。「10・8決戦」としてご記憶の方も多いだろう。確かに異常な盛りあがりを見せ、視聴率1位は充分に頷ける。

 それにしてもビデオリサーチの作成した表を見ると、いかに巨人戦の中継に人気があったか再認識させられる。第10位は1981年6月1日の広島・巨人戦で、視聴率は36%。一方、パリーグの第1位は1989年10月14日の近鉄・ダイエー(現:ソフトバンク)戦の29・5%だから、何と6・5%も開きがあるのだ。

 巨人戦9試合のうち、7試合が81年から84年に開催された。巨人の監督で言えば藤田元司(1931-2006)と、王貞治(79)の時代に当たる。この頃がテレビ業界にとって、巨人戦中継がドル箱だった時代の頂点だろう。

 ところが現在、巨人戦の価値は大きく低下した。例えばNEWSポストセブンは9月1日、「巨人戦視聴率6.7%の日テレの苦悩 裏番組は高視聴率連発」の記事をアップした。

 8月29日に日本テレビが巨人・広島戦をゴールデンタイムに中継。解説が松井秀喜(45)と高橋由伸(44)という豪華な顔ぶれだったにもかかわらず、6・7%しか取れなかったことなどを伝えた記事だった。

 今や巨人戦の視聴率が10%を超えれば、逆にニュースとなる。スポーツ報知(電子版)は4月1日、「プロ野球開幕戦『広島-巨人』平均視聴率10・6%で2年ぶり2ケタ復帰! 瞬間最高は14・2%」の記事を掲載した。視聴率30%が当たり前だった時代には、信じられない数字だろう。

 最近の視聴者は、テレビでどんなスポーツ中継を見ているのか調べてみよう。ビデオリサーチが毎週、発表している「週間高世帯視聴率番組10.」の「VOL.01 2018年 12月31日(月)~1月6日(日)」から「VOL.34 2019年 8月19日(月)~8月25日(日)」の「スポーツ」で掲載されたベスト10を抽出し、視聴率順に並べた。

 そのままのベスト10を掲載すると、大坂なおみ(21)の全豪テニス、大相撲、世界フィギュアスケート選手権の中継で終わってしまう。

 より多くのスポーツを紹介するため、「1つのイベントで複数の視聴率がランクされている場合、最高視聴率だけを掲載する」ことにした。

1/2ページ

最終更新:9/8(日) 16:58
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事