ここから本文です

おしゃれスーパーフード、テーブルビートを育てよう

9/8(日) 8:00配信

NHKテキストビュー

ポリフェノールや天然オリゴ糖、食物繊維がたっぷり。今、注目のパワフル野菜テーブルビートをプランターで育ててみませんか? 園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに、栽培のポイントを教えてもらいました。



* * *


■好みの品種を選ぼう


加熱するとホクホクとして甘みがあり、素朴な土臭さも味のアクセント。赤色品種のほか、黄色、赤×白のうずまき模様などもあるので、好みのものを選んで。


■タネを水につける!


タネは堅くて発芽しにくいので、一晩水につけてからまくのがベター。時間がないときはタネまき後に毎日水をやり、土を乾かさないようにします。


■形はいびつでもOK!


可食部である根と胚軸(はいじく)がいびつな形になることがありますが、よくあることで、失敗ではありません。味は変わらないので、おいしく食べられますよ。


■アブラムシ対策をしよう!


生育初期の柔らかい葉にはアブラムシがつきやすいので、タネまき直後に防虫ネットをかぶせましょう。防虫ネットは、アブラムシの侵入を防げる目合い(0.8mm以下)のもので、透光率80%以上のものがおすすめです。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年8・9月号より

NHK出版

最終更新:9/8(日) 8:01
NHKテキストビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい