ここから本文です

監督を辞めたとき、後悔が1つだけあった【大島康徳の負くっか魂!!第121回】

9/9(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

監督生活の思い出

2002年春季キャンプの僕です。まだ、さほどストレスはたまっていません。いい笑顔です

 前回は、僕のパ・リーグの古巣・日本ハムの話でしたので、今度はセ・リーグの古巣・中日ドラゴンズについて書いてみます。

 残念ながら、すでに優勝だけでなく、CS進出も厳しい状態にありますが、チームとしては決して悪い状況ではないと思います。投打とも戦力は整っているし、チーム力にランクをつけるならばAと言えるのではないでしょうか。

 ただし! Aの選手はいても特Aの選手がいないんですよね。それが投打ともに軸がいないということに結びつき、「ここ!」というところを守りきれなかったり、決めきれなかったりという結果につながっています。

 この状況をどう改善していくのか。選手の意識付けか? 若手の起用か? いろいろなアプローチの仕方はあるでしょうが、もっと上を狙えるチームになるために、大きな変化が必要なことは確かです。

 とはいえ、ワクワクさせる選手が増えているのも確かです。故障離脱もありましたが、今季急成長した高橋周平君もその一人です。先日、ナゴヤドームに解説の仕事で行った際には、彼とゆっくり話すこともできました。

 久しぶりに会った彼は話し方が堂々とし、人間的な成長も感じました。もちろん、プレーもそうです。これまでの迷いから抜け出し、打撃でも守備でも自信を持っているのが分かります。もともと、それだけの資質を持った選手ですし、これからもっともっと成長してくれると思います。本当に楽しみですね。

 では、今回は久びさに大島反省記、いや大島半生記です。

 あまりうれしい思い出ではないのですが、2002年、日本ハム監督を辞めたときの話です。1年目の00年は優勝争いにも加わり、3位でしたが・・・ 本文:2,692文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/9(月) 11:04
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る