ここから本文です

ヤクルト・石川雅規 挑戦し続ける39歳/復活の1年

9/9(月) 12:22配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ18年目の大ベテランが、再び輝きを取り戻している。石川雅規は、最下位に低迷するチームで先発陣の中心として腕を振っている。8月14日のDeNA戦(神宮)では、8回一死までノーヒットノーランを継続。「いつかは打たれるんだろうと思いながら投げたけど、一人ひとりという気持ちがあったからノーヒットでいけたと思う。バックの好守備もあったので助けられました」と振り返った。

 今季、先発陣は開幕投手の小川泰弘が振るわず、コンディション不良の原樹理や日本ハムから移籍した高梨裕稔らも期待に応える活躍をできていない。そんな中、39歳の左腕は9月8日現在で21試合に登板して7勝(5敗)を挙げている。

 中でも注目すべきは、防御率だ。2016年から昨季までの3年間はいずれも4点を超えていたが、今季は3.54。08年には2.68で最優秀防御率のタイトルに輝いた小さな大エースが、シーズン終盤まで安定した成績を残している。

 原動力となっているのが、大きな目標としている通算200勝だ。「年齢的にも簡単な数字ではないけど、挑戦するのはものすごくモチベーションになる。1勝1勝積み重ねていきたい」。オフシーズンは断食を行い、体幹を中心的に鍛えた。夏場には長ズボンをはいて就寝するなど、徹底した体調管理も好投につながっている。

「1年でも長く(現役を)続けたい」と口にしている石川。老け込むにはまだ早い。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:9/9(月) 12:50
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事