ここから本文です

ラストアイドル、史上最高難度ダンスを語る(後編)「誰の真似でもない、ラスアイならではのものを作りたい」

9/9(月) 18:00配信

エンタメNEXT

テレビ朝日系「ラスアイ、よろしく!」で、約3ヶ月にわたって史上最高難度ダンスに挑戦してきたラストアイドル。完成した新曲「青春トレイン」のダンスは、神宮外苑花火大会(8月10日)やサマーソニック(8月18日)やテレビ朝日の「ミュージックステーション」(8月30日)などで披露される度に、「カッコいい」「感動した」とアイドルファン以外からも大きな反響を呼んだ。

【写真】泥だらけで史上最高難度ダンスに挑戦、「青春トレイン」MVメイキング場面カット

振付と指導を手掛けているのは、「バブリーダンス」が国内外で話題となった登美丘高校ダンス部総監督のakane先生。これまでのアイドル文脈とは違ったダンスは、大きな反響を呼んだ反面、あまりの激しさにメンバーたちが倒れてしまうなど、取り組むアイドルたちに大きな負担を強いていたのもまた事実だ。

ラストアイドルメンバーインタビューの後編は、「果たしてあそこまで難度が高いダンスにアイドルが取り組む必要があるのか?」という声をそのまま本人たちにぶつけてみた。

(前編「泣きながらマネージャーに中止を求めたことも」から続く)

*     *     *
──『大人サバイバー』では歩く芸術に挑戦し、今回は最高難度のトレインダンス。番組を観ている人の中には「アイドルがそこまでする必要があるの?」という声もありました。そういった意見に対し、みなさんはどうお考えですか?

長月 最初にラストアイドルが世に出てきたとき、「なんか毎週バトルをやっている人たち」みたいな認識が一般的にはあったと思うんです。でも今は「なんか大人数で振りを揃えている人たち」みたいに変わっている気がするんですね。実際、こんなことやっているアイドルは他にいないと思うんです。正直、「空いている枠」を獲りにいきたいという気持ちも強いです。だから、次も続けてこの路線でいきたいと私自身は思っています。

──さっきは(前編)「泣きながらマネージャーに中止を求めた」って言いませんでした?

長月 言いました(笑)。だけど、それは意味が違うんです。夏なのに休憩が少なくて倒れたわけだから、そこの部分を考えてくれっていうことなんですよ。この路線自体は大賛成だし、もっともっとこの道を究めていきたいです。

1/3ページ

最終更新:9/9(月) 18:00
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事